野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、“ミラクル”起こせず終戦 巨人に1勝4敗、今季で退団の鳥谷が最後の打者に

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦が13日に東京ドームで行われ、阪神は1-4で巨人に敗戦。日本シリーズ進出を逃した。2連敗からスタートしたファイナルステージ。第3戦で1勝をもぎ取り、希望をつないでいたが、最後は巨人の前に敗れた。

阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】
阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】

丸のセーフティーバントで決勝点許す

■巨人 4-1 阪神(CS・13日・東京ドーム)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦が13日に東京ドームで行われ、阪神は1-4で巨人に敗戦。日本シリーズ進出を逃した。2連敗からスタートしたファイナルステージ。第3戦で1勝をもぎ取り、希望をつないでいたが、最後は巨人の前に敗れた。

 阪神は2回に糸原の犠飛で先制も、追加点を奪えず。先発の西は力投を見せたが、6回に丸の意表を突くセーフティーバントで勝ち越され、6回6安打2失点で降板。7回には岩崎がゲレーロに2ランを浴び、突き放された。

 9回2死からは、今季限りで退団する鳥谷が打席に立つも、ニゴロに倒れたゲームセット。鳥谷の阪神最終打席とともに敗退が決まった。

 レギュラーシーズンで6連勝でCS切符を勝ち取り、ファーストステージでは2位DeNAを破る“下克上”でCSファイナルに進んだが、ここで力尽きた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」