野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 「いろいろやってます。このチームには」―アストロズを上回った田中将大の快投劇

「いろいろやってます。このチームには」―アストロズを上回った田中将大の快投劇

ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)、アストロズ相手のア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦で、6回を1安打無失点1四球4奪三振の快投で、強力打線を68球で料理。10年ぶりのワールドシリーズ進出へ弾みをつける牽引役を担った右腕は、今ポストシーズン(PS)2勝目(通算5勝)を挙げた。

敵地でのリーグ優勝決定シリーズ初戦に先発登板し好投したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
敵地でのリーグ優勝決定シリーズ初戦に先発登板し好投したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

強力打線は6回68球で料理「いろいろやってますよ。特にこのチーム相手には」

■ヤンキース 7-0 アストロズ(優勝決定シリーズ・日本時間13日・ヒューストン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)、アストロズ相手のア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦で、6回を1安打無失点1四球4奪三振の快投で、強力打線を68球で料理。10年ぶりのワールドシリーズ進出へ弾みをつける牽引役を担った右腕は、今ポストシーズン(PS)2勝目(通算5勝)を挙げた。

 試合後の会見で田中は穏やかな表情で勝因を振り返った。

「1球1球どういう投球をしていけばいいかをしっかりと考えた上で投げていけたのが大きかったと思います。あともう1つ、本当に今日の試合の中で大きかったのが味方の守備ですね。それが本当に大きな助けになってああいう結果になりましたね」

 5回、挙げていた2つの勝因が凝縮された場面が訪れた。先頭の4番ブレグマンを四球で歩かせると、次打者アルバレスには高めを狙った直球がゾーンに入り、右中間に運ばれる。追い付いた右翼ジャッジからのショートバウンド返球をルメイヒューが巧くすくい上げ、走者の帰塁を阻止。地元ファンの大歓声を嘆息へと変え、傾きかけた流れを絶った。

 5日の地区シリーズ同様、スライダーとスプリットは精度、制球とも冴え渡り、配球比率の低い直球を生かす要因にもなった。ただ、思考を凝らした配球の組み立てだけですんなり勝てる相手ではない。今季メジャー最多の107勝を誇るアストロズにはNASAから引き抜いたデータ収集とその解析に長けたスタッフらによる独自戦略を構築する部門があり、狙い球もデータから弾き出されている。田中と捕手のサンチェスは腐心の動きでその対抗策を講じた。

「いろいろとやってますよ。特にこのチーム相手には」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」