野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最終S打率.143と徹底的に封じられた森友哉 鷹・甲斐が初戦第1打席で仕掛けた“罠”

13日に行われたクライマックスシリーズ ファイナルステージ第4戦で勝利し、4連勝で3年連続日本シリーズ進出を決めたソフトバンク。4試合連続で2桁安打、2試合連続毎回安打、4試合で計55安打で32得点を奪い、パ・リーグ王者の西武を投打で圧倒した。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】

「和田さんの第1打席が大きかった」4球連続で内角を攻め、森の頭に意識付け

 13日に行われたクライマックスシリーズ ファイナルステージ第4戦で勝利し、4連勝で3年連続日本シリーズ進出を決めたソフトバンク。4試合連続で2桁安打、2試合連続毎回安打、4試合で計55安打で32得点を奪い、パ・リーグ王者の西武を投打で圧倒した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 パ・リーグ史上初となる第1戦からの“下克上”を果たしたソフトバンク。西武を圧倒する攻撃力を発揮して攻め勝った印象が強いが、ディフェンス面で西武の反撃を要所で凌いだところが大きかった。4試合でリードを許したのは、第1戦の3回から7回までのみ。失点はあったものの、西武打線に要所、要所で痛打を許さなかった。

 ソフトバンクのバッテリーにとってポイントとなっていたのが、西武の3番を打つパ・リーグ首位打者となった森友哉の存在だった。試合後、正捕手の甲斐拓也捕手は「森をポイントとして考えていました」と明かした。

 森はこのクライマックスシリーズファイナルステージで18打席に立ち、14打数2安打5四球1犠飛で打率.143。シーズンで105打点をマークし、西武のポイントゲッターの1人だったが、この4試合では犠飛での1打点だけしか挙げられなかった。

 西武の“森対策”は9日の第1戦の1打席目に始まっていた。甲斐は言う。「和田さんの1打席目が大きかった。最後までできたのは和田さんのおかげかなと思います。ヒットは別にいいと割り切った」。結果的に中前安打を許すこととなったこの打席に、その後、森を封じ込める布石があったという。

「詳しくは言えないですけどね」。戦略面もあることから甲斐は詳細を伏せたが、それは森の頭にインコースをどれだけ染み込ませるか、だったのではないか。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」