野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 巨人丸の劇的スクイズの裏で…ピョンピョン跳びはねる元木コーチにファン注目「最高笑」

巨人丸の劇的スクイズの裏で…ピョンピョン跳びはねる元木コーチにファン注目「最高笑」

巨人は13日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で阪神に4-1で勝利した。6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた一戦の決勝点となったのは、誰もが驚いた丸佳浩外野手のセーフティバント。スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」が、意表を突いたプレーの映像を公開すると、三塁ベースコーチを務めていた元木大介内野守備兼打撃コーチの“動き”にも注目が集まっている。

今季三塁ベースコーチを務めている巨人・元木大介内野守備兼打撃コーチ(左)【写真:AP】
今季三塁ベースコーチを務めている巨人・元木大介内野守備兼打撃コーチ(左)【写真:AP】

セーフとなった瞬間に両手を上げて跳びはねる姿が…

■巨人 4-1 阪神(CS・13日・東京ドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人は13日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で阪神に4-1で勝利した。6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた一戦の決勝点となったのは、誰もが驚いた丸佳浩外野手のセーフティバント。スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」が、意表を突いたプレーの映像を公開すると、三塁ベースコーチを務めていた元木大介内野守備兼打撃コーチの“動き”にも注目が集まっている。

 1-1の同点で迎えた6回、2死三塁のチャンス。打席の丸は初球のシュートを三塁方向にスクイズ。阪神先発・西も素早く反応して処理したが、一塁への送球は逸れてセーフとなった。

「DAZN」はこのプレーを「丸佳浩 勝ち越しスクイズ成功!!!! 2アウトから見事にセーフティバントを決めた」と公開。すると、一塁方向から撮られた映像には、セーフになった瞬間に後方で両手を上げてピョンピョンと跳びはねる元木コーチの姿が……。丸の衝撃のバントに「鳥肌立った」などと脱帽するファンのコメントの中に「後ろの元木かわいいな」「元木さん最高笑」との声もあった。

 今季から内野守備兼打撃コーチに就任し、1年目で日本シリーズ進出に貢献した元木コーチ。嬉しさのあまり、思わぬ“かわいい”姿で注目を集めた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」