野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • CBC若狭アナ、今年もドラフト「社内待機」 滝行で絶叫「奥川くん! 中日に来て!」

CBC若狭アナ、今年もドラフト「社内待機」 滝行で絶叫「奥川くん! 中日に来て!」

ドラフト会議が迫ってきた。この時期になると、必ず「今年も滝に打たれますか」と聞かれ、「社内待機でお願いします」と懇願される。たった1回の偶然?奇跡?実績?が私の環境を変えた。

故意に眼鏡をずらす愚行【画像提供:若狭敬一】
故意に眼鏡をずらす愚行【画像提供:若狭敬一】

胸躍るドラフト取材が次第に…CBCにはメール殺到「若狭を幽閉しろ」

 ドラフト会議が迫ってきた。この時期になると、必ず「今年も滝に打たれますか」と聞かれ、「社内待機でお願いします」と懇願される。たった1回の偶然?奇跡?実績?が私の環境を変えた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2005年、平田良介にインタビューをしたのが最初のドラフト取材だった。2006年はドラフト会議が行われた東京都内のホテルの報道陣控室で、中日が堂上直倫の交渉権を3球団競合の末に獲得した瞬間を見届けた。2008年もドラフト会場でスタンバイ。見事に野本圭の交渉権を獲得。2011年は山梨にいた。当時の高木守道監督が高橋周平のくじを引き当てた。私にとってドラフト取材は極めてスムーズで、胸躍る、充実した仕事だった。

 雲行きが怪しくなったのは2013年。私は松井裕樹のいる桐光学園でその時を待った。しかし、テレビに映ったのは楽天の立花陽三社長のガッツポーズだった。2014年は亜細亜大学へ。中日が山崎康晃を指名するという情報を入手していたからだ。ところが、蓋を開けてみれば、三菱日立パワーシステムズ横浜の野村亮介。2015年は県立岐阜商業に出向くも、高橋純平のくじを外し、2016年は作新学院で今井達也の取材を試みるも、指名は明治大学の柳裕也。2017年は広陵の中村奨成の会見場で唇を噛んだ。この頃、誰かが名付けた。「疫病神」と。

 そして、去年。CBCラジオ「若狭敬一のスポ音」には「絶対、どこにも行くな」「若狭を幽閉しろ」というメールが山のように届いた。CBC視聴者センターにも「当日、若狭アナはどうするつもりですか」という問い合わせが殺到。世論を無視できない情勢になった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」