野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • バーランダー貫禄の3度目最多勝、打撃は全員初受賞 MLB投打タイトル【ア・リーグ】

バーランダー貫禄の3度目最多勝、打撃は全員初受賞 MLB投打タイトル【ア・リーグ】

2019年のMLBのタイトルホルダーを見ていこう。今季のア・リーグは多彩な顔ぶれがタイトルを獲得している。アメリカン・リーグ、各部門の5傑を見ていこう。

アストロズのジャスティン・バーランダー(左)とゲリット・コール【写真:Getty Images】
アストロズのジャスティン・バーランダー(左)とゲリット・コール【写真:Getty Images】

アンダーソンは昨年まで一度も3割を記録したことはないが初の首位打者を獲得

 2019年のMLBのタイトルホルダーを見ていこう。今季のア・リーグは多彩な顔ぶれがタイトルを獲得している。アメリカン・リーグ、各部門の5傑を見ていこう。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

【打撃編】

○打率
1 T・アンダーソン .335(ホワイトソックス)初
2 DJ・ルメイヒュー .327(ヤンキース)
3 Y・モンカダ .315(ホワイトソックス)
4 M・ブラントリー .311(アストロズ)
4 R・デバース .311(レッドソックス)

 ホワイトソックスの26歳のティム・アンダーソンが初の首位打者。昨年まで3割を打ったこともなかったが一気に開花した。

○本塁打
1 J・ソレア 48本(ロイヤルズ)初
2 M・トラウト 45本(エンゼルス)
3 N・クルーズ 41本(ツインズ)
3 A・ブレグマン 41本(アストロズ)
5 G・スプリンガー 39本(アストロズ)

 27歳、キューバ出身のホルヘ・ソレアが獲得。昨年まで12本塁打がキャリアハイだった。2位のトラウトは、キャリアハイの45本を打ちながら手術を行い離脱したためタイトルまでわずかに届かなかった。

○打点
1 J・アブレイユ 123打点(ホワイトソックス)初
2 X・ボガーツ 117打点(レッドソックス)
2 J・ソレア 117打点(ロイヤルズ)
4 R・デバース 115打点(レッドソックス)
5 A・ブレグマン 112打点(アストロズ)

 こちらもキューバ出身の32歳、アブレイユが獲得。ホワイトソックスの主軸として6年、安定した成績を残している。

○盗塁
1 M・スミス 46個(マリナーズ)初
2 A・モンデシー 43個(ロイヤルズ)
3 J・ビラー 40個(オリオールズ)
4 E・アンドルス 31個(レンジャーズ)
5 T・ファム 25個(レイズ)

 マリナーズの26歳、マレックス・スミスが獲得。スミスは故障で出遅れ、3月20日~21日の日本での開幕戦には出ていない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」