野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍セベリーノは球種が読まれていた? Aロッド指摘「どんな球が来るか分かっていた」

ヤ軍セベリーノは球種が読まれていた? Aロッド指摘「どんな球が来るか分かっていた」

ヤンキースは15日(日本時間16日)、本拠地でアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦を1-4で敗れ連敗し、通算成績を1勝2敗とした。エース右腕のセベリーノが序盤に痛恨の2被弾を浴びて、4回1/3、5安打6奪三振、2失点で降板となった。ヤンキースOBで解説のアレックス・ロドリゲス元内野手はアストロズ打線がセベリーノの球種を完全に読んでいたと“告発”している。

5回途中での降板となったヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:Getty Images】
5回途中での降板となったヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:Getty Images】

序盤に2本のソロを浴びるなど苦しい投球が続き5回途中で降板

■アストロズ 4-1 ヤンキース(リーグ優勝決定シリーズ・日本時間16日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースは15日(日本時間16日)、本拠地でアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦を1-4で敗れ連敗し、通算成績を1勝2敗とした。エース右腕のセベリーノが序盤に痛恨の2被弾を浴びて、4回1/3、5安打6奪三振、2失点で降板となった。ヤンキースOBで解説のアレックス・ロドリゲス元内野手はアストロズ打線がセベリーノの球種を完全に読んでいたと“告発”している。

 ドジャース時代の2017年ワールドシリーズでダルビッシュ有投手に続き、大舞台でアストロズ相手に“被害者”が登場した―― ヤンキースタジアムの大歓声を背にマウンドに上がった若きエース、セベリーノ。自慢の剛速球をロックオンしたアストロズ打線の餌食になった。

 初回1死走者なしからアルトゥーベに初球スライダーをバックスクリーンへ運ばれる先制ソロ。続くブラントリーは8球粘り四球に。4番ブレグマンは三振に倒れたが11球粘った。

 苦しみのピッチングに、メジャー通算696本塁打のヤンキースOB、Aロッドは自らのツイッターで自身の分析を披露している。

「21球でボール球を振らず。空振りなし。セベリーノの癖が盗まれているのではないかと、疑ってしまう」「アストロズの打者はほとんど全てのファストボールに限って振ってくる」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」