野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【ドラフト】佐々木朗希、ロッテ1位に「12球団で1番応援凄い」 菊池、大谷を「追い越せるように」

「2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、都内のホテルで開催され、今ドラフトで最大の目玉とされた大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手はロッテが交渉権を確定させた。

ロッテが交渉権を獲得した大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】
ロッテが交渉権を獲得した大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

プロでの目標は「チームを優勝に導かれるような投手になりたい」

「2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、都内のホテルで開催され、今ドラフトで最大の目玉とされた大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手はロッテが交渉権を確定させた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 今ドラフトの目玉だった佐々木を射止めたのは、今季パ・リーグ4位に終わったロッテ。井口資仁監督が抽選で当たりを引き当て、交渉権を確定させた。佐々木を「世界に羽ばたける選手」と評価した井口監督は、昨年の藤原恭大外野手に続く抽選での交渉権獲得となった。

 ロッテのドラフト1位が決まった佐々木は、直後の会見でロッテの印象について「12球団で一番応援がすごいと思う」とコメント。プロでの目標を問われて「チームを優勝に導かれるような投手になりたいです」とコメントした。

 ここまでの野球人生を振り返り「決して楽な道ではなかった。たくさんの支えがあった」と周囲の支えに感謝の思いを語った。マリナーズの菊池やエンゼルスの大谷と同じ岩手県の出身で「とてもそのお二方は偉大な投手ですので追い越せるように頑張っていきたい」と語っていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」