野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 【ドラフト】BC武蔵の“林昌勇2世”松岡が西武3位指名 まさかの上位に驚き「心の準備が…」

【ドラフト】BC武蔵の“林昌勇2世”松岡が西武3位指名 まさかの上位に驚き「心の準備が…」

ルートインBCリーグ埼玉武蔵でNPB最注目の松岡洸希投手が17日、西武からドラフト3位で指名された。高卒1年目でサイドスローに転向して半年。ヤクルトで128セーブ、シカゴ・カブスにも在籍した林昌勇にそっくりの投球フォームで、NPB10球団から調査書が届いていた。

西武が3位で指名したBCリーグ・埼玉武蔵の松岡洸希【写真:荒川祐史】
西武が3位で指名したBCリーグ・埼玉武蔵の松岡洸希【写真:荒川祐史】

高卒1年目でサイドスローに転向して半年

 ルートインBCリーグ埼玉武蔵でNPB最注目の松岡洸希投手が17日、西武からドラフト3位で指名された。高卒1年目でサイドスローに転向して半年。ヤクルトで128セーブ、シカゴ・カブスにも在籍した林昌勇にそっくりの投球フォームで、NPB10球団から調査書が届いていた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 まさかの3位に指名に「心の準備できていなかかった。3位とは。プロに行けで嬉しい」と喜びを爆発させた。

 夏の県予選を含め、全て1回戦敗退の桶川西では主に三塁を守っていた。3年で投手に転向したが、その時点では球速110キロから120キロの間だったが、監督、コーチから指導を受け、143キロになったことで、プロを目指すことを決断した。

 一時肘を痛めたこともあり、武蔵入団2か月後に片山投手コーチのアドバイスでオーバースローからサイドに転向して、頭角をあらわした。6月のBCリーグ選抜とDeNA2軍との試合では3者連続三振で注目を浴び、9月にはオリックスファームとの交流戦で最速149キロを記録。NPB各球団からの株を一気に上げた。

 今季は32試合で27回2/3で0勝2敗、防御率3.58だが、33三振を奪っており、リリーバーとしての期待も高い。「NPBに行くことだけではなく、活躍できるようになりたい。自分のもっているものを出せば、可能性は見えてくる」と松岡はかねがね語っていた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」