野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【ドラフト】アマNo1捕手の東海大・海野、ホークスから2位指名に笑顔 「憧れの甲斐選手がいる」

東海大の海野隆司捕手が17日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」でソフトバンクから2位指名を受けた。

ソフトバンクが2位指名した東海大・海野陸司【写真:安藤かなみ】
ソフトバンクが2位指名した東海大・海野陸司【写真:安藤かなみ】

ドラフト2位指名に「今はびっくりしているし、嬉しい気持ちです」

 東海大の海野隆司捕手が17日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」でソフトバンクから2位指名を受けた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 緊張の面持ちで会見場に現れた海野。自身の名前が読み上げられると、思わず笑顔がこぼれた。「(待っている間は)緊張したし、長く感じました。今はびっくりしているし、嬉しい気持ちです」と胸をなでおろした。

 ソフトバンクの印象を問われた海野は「すごく強いチーム。憧れの甲斐選手がいるので、追い抜け追いつけの精神でやっていきたい。プロ野球に入るという覚悟を持ってしっかりやりたい」と目を輝かせた。

 海野は関西から東海大に進学。3年春からチームの正捕手に定着すると、4季ぶりにチームを首都大学リーグ優勝に導いた。2年連続で大学日本代表に選出され、今夏の日米大学野球では正捕手として優勝に貢献。二塁送球1秒7台を誇る強肩に加えて、リーグ戦では3年春から打率3割をマークするシュアな打撃もアピールポイントの即戦力捕手だ。

 東海大は菅野、大城など巨人の主力選手を輩出した伝統校。東海大野球部からドラフト指名を受けるのは2016年の丸山泰資(中日)以来となる。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」