野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【ドラフト】東海大・海野がホークス2位指名に驚き 「全く想像していなかった、一番ないと…」

17日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」でソフトバンクから2位指名を受けた東海大学の海野隆司捕手が、東海大学湘南キャンパスで記者会見を開き、喜びを語った。

ソフトバンクが2位指名した東海大・海野陸司【写真:安藤かなみ】
ソフトバンクが2位指名した東海大・海野陸司【写真:安藤かなみ】

安藤監督も期待「とても素直で、向上心が強い選手」

 17日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」でソフトバンクから2位指名を受けた東海大学の海野隆司捕手が、東海大学湘南キャンパスで記者会見を開き、喜びを語った。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大学日本代表の正捕手が、ついに夢舞台の扉を叩いた。ソフトバンクの2位指名で名前が読み上げられると、それまで緊張していた顔にようやく笑顔が広がった。海野は「(ソフトバンクは)すごく強いチーム。憧れの甲斐選手がいるので、追い抜け追い越せの精神でやっていきたい。プロ野球に入るという覚悟を持ってしっかりやりたい」と目を輝かせた。

 海野は関西から東海大学に進学。3年春からチームの正捕手に定着すると、4季ぶりにチームを首都大学リーグ優勝に導いた。2年連続で大学日本代表に選出され、今夏の日米大学野球では正捕手として優勝に貢献。二塁送球1秒7台を誇る強肩に加えて、リーグ戦では3年春から打率3割をマークするシュアな打撃もアピールポイントの即戦力捕手だ。「守備で代表に入ったと思うので、そういうところを評価してもらったんだという自信になった」と代表入りをきっかけに強くプロ入りを意識するようになり、見事ソフトバンクから2位指名を勝ち取った。

 海野が2年生のときに新任した安藤強監督は「とても素直で、向上心が強い選手。彼の強みでもある守備を、春のキャンプからしっかり練習してもらいたい」と期待を寄せれば、海野は「監督さんが自分を起用してくれたから今があると思います」と感謝の気持ちを口にした。

 ソフトバンクからの指名は「全く想像していなかったし、一番ないと思っていた。びっくりしました」と明かした海野。「福岡には行ったことないんですよね。おいしい食べ物がたくさんあるイメージです」と、これからホームになる福岡に思いを馳せ、笑顔を見せていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」