四国IL徳島が“嬉しい悲鳴”3選手がドラフト指名受け「サーバーがダウンしています」

西武から8位指名された徳島・岸潤一郎【写真:沢井史】
西武から8位指名された徳島・岸潤一郎【写真:沢井史】

西武からドラフト7位で上間、同8位で岸、巨人から育成1位で平間が指名

 2019年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日に行われ、四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスからは上間永遠投手、岸潤一郎外野手、平間隼人内野手の3選手が指名を受けた。徳島公式ツイッターは「ホームページがアクセス集中でサーバーがダウンしています」と嬉しい悲鳴を上げている。

 西武からドラフト7位で上間永遠投手、同8位で岸潤一郎外野手、巨人から育成1位で平間隼人内野手が指名を受けた。同チームから3選手がドラフトで指名を受け徳島インディゴソックスホームページのサーバーがダウン。

 同公式ツイッターは「ホームページがアクセス集中でサーバーがダウンしています(T-T) 大変申し訳ございません」と謝罪コメントを綴っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY