野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 【ドラフト】広島・佐々岡新監督がドラ1森下を電撃訪問「いい男だし、カープに合っている」

【ドラフト】広島・佐々岡新監督がドラ1森下を電撃訪問「いい男だし、カープに合っている」

2019年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、都内のホテルで行われ、広島が明大の森下暢仁投手の一本釣りに成功した。

広島・佐々岡監督(左)と明大・森下暢仁【写真:篠崎有理枝】
広島・佐々岡監督(左)と明大・森下暢仁【写真:篠崎有理枝】

ドラフト会議の会場から直行し、指名挨拶を行った

 2019年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、都内のホテルで行われ、広島が明大の森下暢仁投手の一本釣りに成功した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大船渡・佐々木、星稜・奥川とともに今ドラフトの目玉と目されていた森下。最速155キロを誇る大学No1投手は、競合必至と見られていた。広島はドラフト前から1位指名を公表。いざ蓋を開けてみると、佐々木、奥川、そして東邦・石川に指名が分散し、森下は広島の一本釣りとなった。

 ドラフト会議を終えると、広島の佐々岡真司新監督は都内の会場から森下のもとへと直行。早速、指名挨拶を行った。初めて森下と顔を合わせた佐々岡監督は「(ドラフト前は)夢を見たり、ホテルでも寝つきが悪かった」と明かし「監督になって最初の仕事だったが、獲得できてよかった」と笑顔を見せた。

 また森下に対し「いい男だし、カープに合っている。チームは若いので、その中に入って大きくエースとして活躍して欲しい」と期待を寄せた。その言葉を受け森下は「一年目から活躍できるよう、準備してチームの中に入っていきたい」と話した。

(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」