野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

実直な「慶応ボーイ」中日4位の郡司、鷹上林から学んだ“教え” 「成功する人は違う」

華やかな「慶応ボーイ」のイメージより、実直さがにじみ出る。自身の性格を「冷静」だと言うあたりは捕手らしい。17日に行われた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で、中日から4位指名を受けた慶大・郡司裕也捕手。仙台育英高時代に夏の甲子園準優勝を経験し、大学進学後も常に注目されてきた源流には、高校時代の先輩であるソフトバンク上林誠知外野手の「教え」があるという。

中日から4位指名された慶応大・郡司裕也【写真:小西亮】
中日から4位指名された慶応大・郡司裕也【写真:小西亮】

座右の銘もホークス上林と同じ「運命を愛し、希望に生きる」

 華やかな「慶応ボーイ」のイメージより、実直さがにじみ出る。自身の性格を「冷静」だと言うあたりは捕手らしい。17日に行われた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で、中日から4位指名を受けた慶大・郡司裕也捕手。仙台育英高時代に夏の甲子園準優勝を経験し、大学進学後も常に注目されてきた源流には、高校時代の先輩であるソフトバンク上林誠知外野手の「教え」があるという。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「突出した能力がないと思っているので」。指名された直後の会見で、郡司はそう謙遜した。だが、裏を返せば穴の少ない万能型。中日が近年、捕手を固定できていない台所事情も把握しているようで「今はいろんなキャッチャーが出ていますが、その競争に勝っていきたい」と負けん気がのぞく。慶大では1年秋からレギュラーを担い、今年7月の日米大学野球では2打席連続本塁打で持ち前の打力も披露。実力に疑いはない。

 主将としてチームを引っ張り、今秋の東京六大学リーグでは開幕6連勝で首位を走る。捕手出身でプロも経験した大久保秀昭監督は「リーダーとして、ゆくゆくはやっていける選手になる」と太鼓判を押す。実力だけでなく、人間性あっての信頼。そんな郡司は、尊敬する人物を問われると、仙台育英高で2学年上だった上林の名前を真っ先に挙げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」