野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 中日、抽選2連勝は地元名物アナ“社内幽閉”のおかげ!? 「間違いなく来年も…」

中日、抽選2連勝は地元名物アナ“社内幽閉”のおかげ!? 「間違いなく来年も…」

17日に都内のホテルで行われた2019年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。目玉だった大船渡の佐々木朗希投手はロッテ、星稜の奥川恭伸投手はヤクルトが、それぞれ競合の末に交渉権を確定させた。

侍ジャパンでも活躍した東邦・石川昂弥【写真:荒川祐史】
侍ジャパンでも活躍した東邦・石川昂弥【写真:荒川祐史】

若狭アナが現場に出向くと抽選に外れることから「疫病神」と揶揄される

 17日に都内のホテルで行われた2019年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。目玉だった大船渡の佐々木朗希投手はロッテ、星稜の奥川恭伸投手はヤクルトが、それぞれ競合の末に交渉権を確定させた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この2人とともに、3球団が競合したのが、東邦の石川昂弥内野手。事前に指名を公表していた地元の中日に加え、ソフトバンクとオリックスが1位で入札した。抽選の末に中日が交渉権を獲得。与田剛監督が昨年の根尾昂内野手に続いて、“当たり”を引き当てる強運ぶりを発揮した。

 そして、もう1人、地元・名古屋である意味“強運ぶり”を発揮した男がいた。地元テレビ局CBCの名物アナウンサー・若狭敬一アナだ。

 中日ファンにとって、もはや若狭アナの“伝説“を知らないものはいないだろう。2013年の松井裕樹投手(楽天)から、ドラフト当日に若狭アナが現場取材に出向くと、ことごとく抽選に外れるか、蓋を開けてみれば、別の選手が1位指名に。ファンの間では「疫病神」として、その名が広まってしまった。

 転機となったのは昨年のドラフト。中日は事前に根尾の指名を公言。若狭アナは厄落としのために、名古屋市守山区の倶利加羅不動寺で滝行を行い、ドラフト当日は現場取材には出向かずに社内でドラフトを見守ることに。すると、どうだろう。見事に与田監督が根尾を引き当て、中日の球団関係者からも感謝される事態となった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」