野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ロッテは佐々木に「いいチーム」、阪神は「夢ある指名」 元プロ捕手が見たドラフト

ロッテは佐々木に「いいチーム」、阪神は「夢ある指名」 元プロ捕手が見たドラフト

「2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、都内のホテルで開催され、セパ12球団から支配下で74選手、育成で33人の計107人が指名を受けた。注目の大船渡・佐々木朗希投手は4球団競合の末にロッテ、星稜・奥川恭伸投手は3球団競合の末にヤクルトが交渉権を獲得。大学NO1投手の明大・森下暢仁投手は広島が一本釣りに成功した。また、侍ジャパンU-19代表で4番を務めた東邦・石川昂弥内野手にも人気が集まり、3球団競合の末に中日が交渉権を獲得した。

ロッテ1位指名の大船渡・佐々木朗希(左)と阪神1位指名の創志学園・西純矢【写真:編集部】
ロッテ1位指名の大船渡・佐々木朗希(左)と阪神1位指名の創志学園・西純矢【写真:編集部】

阪神は5位まで高校生を指名「みんな近い将来を担ってくれるであろう選手たち」

「2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、都内のホテルで開催され、セパ12球団から支配下で74選手、育成で33人の計107人が指名を受けた。注目の大船渡・佐々木朗希投手は4球団競合の末にロッテ、星稜・奥川恭伸投手は3球団競合の末にヤクルトが交渉権を獲得。大学NO1投手の明大・森下暢仁投手は広島が一本釣りに成功した。また、侍ジャパンU-19代表で4番を務めた東邦・石川昂弥内野手にも人気が集まり、3球団競合の末に中日が交渉権を獲得した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「各球団の特徴が出たドラフトだった」と分析。まずは、1位の西純矢投手(創志学園)、2位の井上広大外野手(履正社)ら、5位まで甲子園を沸かせた高校生を指名した阪神について「夢のある指名だった」と印象を明かした。

「みんな近い将来を担ってくれるであろう選手たちですね。井上は、阪神が求めていた右のロングが打てる外野手。西は打撃もいい投手なので、セ・リーグに行ってくれて楽しみもありますね。投げて打って、という姿を見たい。5位の藤田もいいキャッチャーになれる素材です。阪神の捕手は、正捕手の梅野に加えて坂本、長坂がいて、岡崎もいる。育成上がりの片山も打撃がいい。藤田が順調に育てば、片山についてもいろんな選択肢が出てくるかもしれません。絶対数が少ないので、しばらくはそういう形にはならないでしょうが」

 さらに、野口氏が「個人的に良いドラフトだと感じた」というのが中日だ。「ドラ1の石川を相思相愛で獲れたのはもちろんですが、岡野を3位、郡司を4位が獲れたのは大きいですね。もちろん、2位の橋本も大きい。さらに、5位の岡林も将来が楽しみな投手。そう見ていくと、中日が良かったなという印象です」。また、オリックスについても「いいドラフトだったと思います」と分析。「宮城は外れ外れ1位でしたが、もう一段階上で出てきてもおかしくなかったと思います。村西は三振奪取能力のあるスリークオーターなので、オリックスのリリーフ陣にいいピッチャーが1枚加わったなという印象ですね」。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」