野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 勝ち越し3ランのヤ軍ヒックス、自画自賛の一打 「ボールの内側にバットを…」

勝ち越し3ランのヤ軍ヒックス、自画自賛の一打 「ボールの内側にバットを…」

ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦は18日(日本時間19日)、王手をかけられていたヤンキースが初回の2本塁打でアストロズの好投手バーランダーを攻略して逆転勝利。対戦成績を2勝3敗とし、10年ぶりのワールドシリーズ進出へ望みをつないだ。

ポール直撃となる勝ち越し3ランを放ったヤンキースのアーロン・ヒックス【写真:Getty Images】
ポール直撃となる勝ち越し3ランを放ったヤンキースのアーロン・ヒックス【写真:Getty Images】

初回に鮮やかバーランダー撃ち、一気呵成に4点を挙げて試合を決める

■ヤンキース 4-1 アストロズ(優勝決定シリーズ・日本時間19日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦は18日(日本時間19日)、王手をかけられていたヤンキースが初回の2本塁打でアストロズの好投手バーランダーを攻略して逆転勝利。対戦成績を2勝3敗とし、10年ぶりのワールドシリーズ進出へ望みをつないだ。

 試合は、一気呵成に攻めたヤンキース打線の初回の4点で決まった。同シリーズ2度目、ポストシーズン自己通算29度目のマウンドで、バーランダーは明らかに力んでいた。直球は上ずり、変化球も本来の切れがない。先頭のルメイヒューが右中間へ同点のソロ。さらにジャッジ、トーレスの連打で好機を広げ、1死二、三塁の場面で5番ヒックスが右翼ポール直撃の3ランで、序盤での攻略に成功した。

 同シリーズ3試合に出場して1安打と不振だったヒックスが放った一発は技術の賜物だった。

「打球には思った以上にスピンがかかっていたけど、ファウルにならずにすんだのは(体を開かずに)ボールの内側にバットを入れて巧く打てたから」

 内角に入るスライダーを捉えた打球は切れることなく見事、ポールに命中した。また、速いテンポで投げてくる相手のリズムに引き込まれないように打席で深呼吸をして間を取る工夫も施した。さらに、威力のある高めの直球を2球続けてしっかりと見極められたことが打席での「自信を生んだ」と言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」