野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリがドラ1宮城の律儀な“挨拶動画”公開 ファンは続々激励「モーレツに応援してる」

17日のドラフト会議でオリックスから1位指名を受けた宮城大弥投手(興南高)が、ファンに“初メッセージ”を送った。オリックスが20日に公式インスタグラムを更新し、映像を公開。ファンからは歓迎の声が続々と上がっている。

オリックスから1位指名を受けた興南・宮城大弥【写真:荒川祐史】
オリックスから1位指名を受けた興南・宮城大弥【写真:荒川祐史】

17日のドラフトでオリックスから指名を受けたドラ1左腕

 17日のドラフト会議でオリックスから1位指名を受けた宮城大弥投手(興南高)が、ファンに“初メッセージ”を送った。オリックスが20日に公式インスタグラムを更新し、映像を公開。ファンからは歓迎の声が続々と上がっている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 宮城はカメラに向かって「興南高校の宮城大弥です」と頭を下げると、「オリックスファンのみなさん、はじめまして。チームのために1つ1つ頑張っていくので、これからも応援よろしくお願いしますと」とあいさつ。再び深く頭を下げた。緊張感とともに、律儀な性格であることが伝わってくる内容だ。ハッシュタグでは「#ドラフト1位」「#指名挨拶」「#はじめまして」などと添えられている。

 これにファンも続々と反応。「宮城くん応援してます!」「宮城くん、頑張れー 応援してます!!」「はじめましてー! モーレツに応援してるから」「夏の県大会の投げっぷりは素晴らしかったです」「応援してま~す」などとコメントがついた。

 宮城は興南高で1年生の時に甲子園に出場。今年は甲子園出場を逃したが、カブスのダルビッシュ有投手もツイッターで絶賛し、話題となっていた。侍ジャパンU-18代表の一員として、U-18ワールドカップでも活躍。ドラフトでは、石川昂弥内野手(東邦高)、河野竜生投手(JFE西日本)のくじを外したオリックスが1位で指名した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」