野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・高橋礼、6回まで無安打投球 死球でパーフェクト途切れるも安打は許さず

ソフトバンクの高橋礼投手の完全投球が途切れた。20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦。5回までパーフェクト投球を続けていた右腕だったが、6回先頭の若林に死球を与えて、この試合初めて走者を許した。

ソフトバンク・高橋礼【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・高橋礼【写真:荒川祐史】

5回まで71球を投げて、1人の走者も出さない好投

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・20日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの高橋礼投手の完全投球が途切れた。20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦。5回までパーフェクト投球を続けていた右腕だったが、6回先頭の若林に死球を与えて、この試合初めて走者を許した。

 5回まで71球を投げて、5つの三振を奪い、1人の走者も出していなかった高橋礼。だが、6回先頭の若林に対しての1ボール2ストライクからの4球目のシンカーを引っ掛けた。ボールは若林に当たりデッドボールになり、初めての走者を出した。

 田中俊の犠打で走者を得点圏に進められたものの、重信の当たりは遊撃へのライナーに。若林が戻り切れずに併殺打となり、この回も無失点。無安打投球は継続している。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」