野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹がついに先制! 松田宣が7回に先制3ラン、7回1安打無失点の高橋礼に援護送る

ソフトバンクがついに均衡を破る先制点を奪い取った。20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦。7回に無死一、三塁のチャンスを作ると、松田宣が3ランを放って先制に成功した。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:荒川祐史】

巨人2番手の大竹から無死一、三塁のチャンスを作ると、バックスクリーンへ一撃

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・20日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクがついに均衡を破る先制点を奪い取った。20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦。7回に無死一、三塁のチャンスを作ると、松田宣が3ランを放って先制に成功した。

 この回先頭のデスパイネが放った三ゴロを、三塁手・山本が弾くエラー。先頭が出塁すると、すぐさま、ソフトバンクベンチが代走・周東を送った。周東が一塁から巨人バッテリーにプレッシャーをかけると、3ボール1ストライクからの5球目にスタート。グラシアルが左前に弾き返す、ランエンドヒットとなり、一気に一、三塁にチャンスが拡大した。

 この場面で打席に入った松田宣が大竹から中堅バックスクリーンに飛び込む3ラン。均衡を打ち破る3ランとなり、ついに先制に成功した。ダイヤモンドを一周すると、本拠地のファンと歓喜の「熱男!」を大合唱した。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」