野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・工藤監督「本当に素晴らしい」2連勝発進に、7回1安打無失点の高橋礼を称賛

ソフトバンクは20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦に6-3と勝利した。息詰まる投手戦となったが、7回に松田宣が3ランを放って先制すると、8回には柳田、福田の一発でリードをさらに広げて2連勝を飾った。試合後、工藤公康監督は勝利監督インタビューで「レギュラーシーズン以上の集中力、コントロールがあった。本当に素晴らしい」と、先発の高橋礼を称賛した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

先制3ランの松田宣については「本当に点が欲しいところで打ってくれるのはさすが」

■ソフトバンク 6-3 巨人(日本シリーズ・20日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦に6-3と勝利した。息詰まる投手戦となったが、7回に松田宣が3ランを放って先制すると、8回には柳田、福田の一発でリードをさらに広げて2連勝を飾った。試合後、工藤公康監督は勝利監督インタビューで「レギュラーシーズン以上の集中力、コントロールがあった。本当に素晴らしい」と、先発の高橋礼を称賛した。

 高橋礼は7回まで1安打無失点と好投。すると、7回裏に松田宣がバックスクリーンに飛び込む3ランを放って。待望の一発が飛び出して、ついに均衡を破った。8回には柳田がソロ、福田が2ランを放って、さらに3点を追加。第1戦に続いて勝利し、2勝0敗で敵地に乗り込むことになった。

 巨人のメルセデスとの投手戦となり、指揮官は「素晴らしいピッチングを見れて楽しみだなと思って見ていた。礼くんがノーヒットで大記録やるんじゃないかと思った。先に点を取れてこちらのペースで戦えて良かった」と試合を振り返り、松田宣の本塁打を「本当に点が欲しいところでホームランを打ってくれるのさすが。素晴らしい結果を残してくれた」と褒めた。

 2連勝で迎える敵地での第3戦以降にむけて「とにかく1戦1戦戦って、その日の勝利を取るんだとやっていく」と語っていた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」