野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J山田、一塁守備の課題はサインプレー「予測とか体に染み込んでいない動きがある」

侍ジャパン日本代表の山田哲人内野手(ヤクルト)は22日、宮崎・宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で行われた合宿初日の全体練習に参加。投内連係、特守では本職の二塁だけでなく、ミットを持って一塁のポジションに就いた。「特に何も見慣れないとは意外に感じなかったです。普通なら見慣れない景色で変な感じがするとかあるんですけど」と話した。

侍ジャパン合宿に臨んでいるヤクルト・山田哲人【写真:編集部】
侍ジャパン合宿に臨んでいるヤクルト・山田哲人【写真:編集部】

名手だった井端コーチから助言も「片手で取ってみたりとか…」

 侍ジャパン日本代表の山田哲人内野手(ヤクルト)は22日、宮崎・宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で行われた合宿初日の全体練習に参加。投内連係、特守では本職の二塁だけでなく、ミットを持って一塁のポジションに就いた。「特に何も見慣れないとは意外に感じなかったです。普通なら見慣れない景色で変な感じがするとかあるんですけど」と話した。

侍ジャパンが「プレミア12」初優勝で得た収穫と課題 稲葉監督が掴んだ日本の形(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ヤクルトでの公式戦で一塁を守ったことはないが、打球の速さは想定内。“課題”には「サインプレー」を挙げた。「(本職の二塁手と)違う動きがあると、『あれ、どうしよう』というふうになるかもしれないので。予測とか体に染み込んでいない動きがある。二塁と違って。そこですかね」とした。

 特守中には井端内野守備・走塁コーチからミットの使い方、体の動かし方について助言を受ける場面もあった。「(打球を)片手で取ってみたりとか……打球によってですけど」。慣れないポジションをこなしつつ、持ち味の打力を活かしたいところだ。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」