野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 年俸23億円のヤ軍外野手はやはり“不良債権”!? ファンの96%が「捨てるべき」

年俸23億円のヤ軍外野手はやはり“不良債権”!? ファンの96%が「捨てるべき」

19日(日本時間20日)のリーグ優勝決定シリーズ第6戦でアストロズに4-6で敗れ、2勝4敗で敗退したヤンキース。田中将大投手は自身初のワールドシリーズ進出はならず。だが、厳しいニューヨークのメディアやファンからは今年も勝負強さを絶賛された。地元メディアが実施したアンケートでは、「残すべき」「捨てるべき」の2択で「残すべき」が94%以上という圧倒的な支持を集めている。一方で、超高額年俸ながら結果を残せてない選手には厳しい評価も……。2年連続で出場ゼロに終わったジャコビー・エルズベリー外野手は圧倒的な“不支持票”を集めている。

ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】
ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】

田中は94%が「残すべき」、ジャッジ&トーレス&ルメイヒュー&ウルシェラも支持絶大も…

 19日(日本時間20日)のリーグ優勝決定シリーズ第6戦でアストロズに4-6で敗れ、2勝4敗で敗退したヤンキース。田中将大投手は自身初のワールドシリーズ進出はならず。だが、厳しいニューヨークのメディアやファンからは今年も勝負強さを絶賛された。地元メディアが実施したアンケートでは、「残すべき」「捨てるべき」の2択で「残すべき」が94%以上という圧倒的な支持を集めている。一方で、超高額年俸ながら結果を残せてない選手には厳しい評価も……。2年連続で出場ゼロに終わったジャコビー・エルズベリー外野手は圧倒的な“不支持票”を集めている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」が「ヤンキースは残すべきか捨てるべきか?」とのタイトルで掲載した特集記事。ファンへのアンケートも行っており、「残すべき」「捨てるべき」の2択となっている。田中は2500以上の投票で実に94%以上の「残すべき」票を集め、同メディアも「残すべき」と断言。ポストシーズンでの勝負強さを絶賛した。

 田中よりも支持率が上だったのは、アーロン・ジャッジ外野手の95.91%、ジオ・ウルシェラ内野手の96.24%、DJ・ルメイヒュー内野手の98.42%、グレイバー・トーレス内野手の98.02%とわずか。投手では、田中がNO1の“支持率”となっている。シーズン後にオプトアウト(契約破棄)の権利を持っているため、去就が注目されているアロルディス・チャップマン投手は「残すべき」が54.72%と優勢で「NJ.com」も「スーパーブルペンを維持するために、ヤンキースには彼が必要である」と訴えている。

 また、けが人続出の中で安定したチームを作ったブライアン・キャッシュマンGM、アーロン・ブーン監督も「残すべき」がそれぞれ80.5%、81.63%と支持されており、記事でも「キャッシュマンはヤンキースが必要としている先発投手を補強せず、最終的にそれが響いたが、故障者リスト入りが39度あったにも関わらず、103勝したチームを作った」「ブーンは2年連続で100勝以上とし、怪我で次々にスターを失った後もチームをまとめた」と高く評価している。

 一方で、途中加入でポストシーズンは低調に終わったエドウィン・エンカーナシオン内野手は「捨てるべき」が88.87%と“不支持”が圧倒的。記事でも「捨てるべき」と断言しており、「DHとして起用した方が良い選手をヤンキースは何人抱えられるだろうか?」と切られている。また、ゲーリー・サンチェス捕手については、「NJ.com」は「サンチェスは最盛期に入るはずである。鼠径部の怪我を繰り返していることが大きな懸念であり、それについて対処する必要がある」と「残すべき」を選んでいるが、アンケートでは「捨てるべき」が55.72%と厳しい結果だ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」