野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J岸「なるべく溶け込めるように」投手最年長34歳は若手投手との“融合”に意欲

侍ジャパン日本代表の岸孝之投手(楽天)が23日、宮崎・宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で行われた合宿2日目の全体練習に参加。合宿初めてブルペン入りし、會澤翼捕手(広島)を相手にカーブ、スライダーを交えて33球を投げた。25日の日本ハム戦では4イニングを投げる予定で、「実戦から離れているので、試合勘、勝負勘を戻さないと」と意欲を燃やした。

侍ジャパンの合宿に臨んでいる楽天・岸孝之【写真:編集部】
侍ジャパンの合宿に臨んでいる楽天・岸孝之【写真:編集部】

投手陣最年長34歳は25日の日本ハム戦で先陣「試合勘、勝負勘を戻さないと」

 侍ジャパン日本代表の岸孝之投手(楽天)が23日、宮崎・宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で行われた合宿2日目の全体練習に参加。合宿初めてブルペン入りし、會澤翼捕手(広島)を相手にカーブ、スライダーを交えて33球を投げた。25日の日本ハム戦では4イニングを投げる予定で、「実戦から離れているので、試合勘、勝負勘を戻さないと」と意欲を燃やした。

「プレミア12」で世界一へ…強化試合で見えた侍ジャパンの「課題」と「収穫」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今季は15試合登板し、3勝5敗、防御率3.56にとどまったが、昨秋の日米野球で存在感を示した。投手陣最年長の34歳は「今年の成績が成績なので、選んでいただいたことに感謝して。(若い選手に)なるべく溶け込めるように僕がやっていきたい。しっかりと自分の役割をやって、力になれるように頑張りたい」とチーム結束を誓った。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」