野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武秋山はFA市場で「最高の選択肢」も… 米メディアは残留を予測!?

今季海外FA権を取得した西武の秋山翔吾外野手。米メディア「ブリーチャーレポート」は、今オフのFA市場の中堅手が不足していることから、秋山がメジャー挑戦する場合、「最高の選択肢になるかもしれない」と指摘している。

西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】
西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

FA市場の中堅手不足のため、優秀な中堅手はトレードで獲得するしかない状況

 今季海外FA権を取得した西武の秋山翔吾外野手。米メディア「ブリーチャーレポート」は、今オフのFA市場の中堅手が不足していることから、秋山がメジャー挑戦する場合、「最高の選択肢になるかもしれない」と指摘している。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 記事では、今オフのFA市場の中堅手が極めて不足していることを言及。中堅手として100試合以上に出場したのは34歳のダイソンしかいないため、優秀な中堅手を狙うチームはトレードで獲得するしかない。パイレーツのスターリン・マルテがトレード候補に挙がっているが、対価として有望株を手放す必要がありそうだ。

 その中で、「日本球界の特筆すべき存在であるショウゴ・アキヤマは最終的に最高の選択肢になるかもしれない」と指摘。秋山がメジャー挑戦する場合、中堅手を狙うチームには魅力的な存在になりそうだ。

 記事では最後に「アキヤマは西武ライオンズと契約を延長するだろう」とメジャー挑戦はしないと予想しているが、どのような選択をするのか注目が集まる。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」