野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

侍ジャパン岸、4番・万波を2打席連続三振斬り! 4回3K1安打無失点…日ハムと練習試合

侍ジャパンの岸孝之投手(楽天)は25日、日本ハムとの練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)で先発。4回1安打無失点と上々の仕上がりを見せた。

侍ジャパンの楽天・岸孝之【写真:Getty Images】
侍ジャパンの楽天・岸孝之【写真:Getty Images】

日本ハム戦で先発し、4回3奪三振1四球1安打無失点

 侍ジャパンの岸孝之投手(楽天)は25日、日本ハムとの練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)で先発。4回1安打無失点と上々の仕上がりを見せた。

「後悔したこともあった」川崎宗則、WBC初代王者たぐり寄せた“神の右手”の教訓(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回、先頭の石井を四球で歩かせたものの、今井を三飛、松本を三ゴロ、万波を空振り三振。2回は清水、白村、谷内を3者凡退に抑えた。3回は先頭・難波を右前打で出したが、後続を打ち取った。4回は今井を空振り三振、松本を三ゴロ、万波を空振り三振。予定の4回を3奪三振1四球、1安打無失点と好投した。

 今季は15試合登板し、3勝5敗、防御率3.56にとどまったが、昨秋の日米野球で存在感を示した。34歳は初実戦へ向け、「実戦から離れているので、試合勘、勝負勘を戻さないと」と意欲を燃やしていた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」