野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

快勝発進の侍・稲葉監督、2ランの鈴木を絶賛 26日オリ戦も「4番の誠也は変えない」

侍ジャパン日本代表は25日、日本ハムとの練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)を行い、7-0で快勝した。打線が12安打と爆発。4番の鈴木誠也外野手(広島)が左越え2ランを放つなど存在感を見せた。稲葉篤紀監督は、26日のオリックス戦で打線を組み替える考えを示したが、鈴木はそのまま4番に据える方針であることを明かした。

侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】

先制点を呼ぶヒットにダメ押し2ランと躍動「しっかり結果を残す。さすが」

 侍ジャパン日本代表は25日、日本ハムとの練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)を行い、7-0で快勝した。打線が12安打と爆発。4番の鈴木誠也外野手(広島)が左越え2ランを放つなど存在感を見せた。稲葉篤紀監督は、26日のオリックス戦で打線を組み替える考えを示したが、鈴木はそのまま4番に据える方針であることを明かした。

「プレミア12」で光った存在感 ルーキー甲斐野央が国際大会で得た経験と手応え(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 侍ジャパンは4回、鈴木の4番初安打となる左前打を皮切りに、5番の吉田正の適時二塁打などで3点を奪取。6回には3番手の吉田輝に集中打を浴びせ、源田の右翼線2点二塁打でリードを広げると、7回には鈴木が吉田輝から左翼ポール際へダメ押し2ランを放った。

 稲葉監督は試合後、鈴木について「打撃練習から非常にいいバッティングをしてましたので、そういう意味ではしっかり結果を残すという。うん。さすがですね」と絶賛。5番の吉田正にも「あまり対戦していない投手から打ったということはまた価値があると思いますし、彼もこの合宿中の打撃の調子も非常に良くて、そういう意味ではしっかり結果が出たということはこちらとしても良かったですし、本人もホッとしてると思います」と賛辞を送った。

 26日のオリックス戦に向けて「打順をまた変えて、また前後の兼ね合いであったり、そういうことも含めてまた明日考えてやっていこうと思います」と考えを明かしたが、3番山田、4番鈴木、5番吉田正で組んだクリーンアップについては「今まだ決めている途中なんですけど、4番の誠也は変えないで行こうと思ってます。前後は少し変えようと今思ってるんですけど、打順はまだ最終的な決定はこれからミーティングして決めます」と明言。鈴木は“不動の4番”として起用する。

 世界一を目指す「プレミア12」へ向けて、“快勝発進”となった侍ジャパン。実戦を見ながら、ラインナップも固めていくことになる。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」