野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “不良債権化”するヤンキース年俸23億円男は来季も構想外!? NY紙「アテにならず」

“不良債権化”するヤンキース年俸23億円男は来季も構想外!? NY紙「アテにならず」

ヤンキースのアーロン・ヒックス外野手がトミー・ジョン手術を受けることが発表された。再びプレーできるようになるまで8~10か月かかる見込みで、来季はヒックスの穴を埋める外野手が必要となるが、“不良債権化”が指摘されているジャコビー・エルズベリー外野手がその候補となる可能性は低いようだ。地元紙「ニューヨーク・ポスト」がブライアン・キャッシュマンGMの発言を伝えている。

ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】
ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】

ヒックスのトミー・ジョン手術が発表され、穴埋めが必要も…

 ヤンキースのアーロン・ヒックス外野手がトミー・ジョン手術を受けることが発表された。再びプレーできるようになるまで8~10か月かかる見込みで、来季はヒックスの穴を埋める外野手が必要となるが、“不良債権化”が指摘されているジャコビー・エルズベリー外野手がその候補となる可能性は低いようだ。地元紙「ニューヨーク・ポスト」がブライアン・キャッシュマンGMの発言を伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エルズベリーは、2014年にFAでライバルのレッドソックスから加入。7年総額1億5300万ドル(約166億2400万円)の超大型契約を結んでいるが、度重なる怪我で2年連続で出場機会なしと“不良債権化”してしまっている。

 今季のヤンキース外野陣は、ジャッジ、スタントン、ガードナー、ヒックスとMLB屈指の陣容を揃えたが、故障者が相次ぎ、スタントンは18試合、ヒックスは59試合の出場にとどまった。それでも、トークマン、メイビンなどの“伏兵”がその穴を埋め、ア・リーグ東地区を制した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」