野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「悲惨な状況」…来季年俸は10人で計260億円、MLB“不良債権”ワースト10は?

「悲惨な状況」…来季年俸は10人で計260億円、MLB“不良債権”ワースト10は?

メッツのピート・アロンソ内野手がルーキー記録を塗り替える53本塁打を放つなど、今季も多くのスターが誕生したメジャーリーグ。一方で、過去に素晴らしい成績を残して大型契約を結びながら、近年は目立った活躍をできていない選手もいる。MLBの選手契約情報サイト「スポットラック」は「2020年の厳しい10契約」と題した特集を掲載。“不良債権”化してしまった10選手をピックアップしている。

マーリンズのチェン・ウェイン【写真:Getty Images】
マーリンズのチェン・ウェイン【写真:Getty Images】

高額年俸も活躍できていない選手10人を選出、最高額はプライスの約35億円…

 メッツのピート・アロンソ内野手がルーキー記録を塗り替える53本塁打を放つなど、今季も多くのスターが誕生したメジャーリーグ。一方で、過去に素晴らしい成績を残して大型契約を結びながら、近年は目立った活躍をできていない選手もいる。MLBの選手契約情報サイト「スポットラック」は「2020年の厳しい10契約」と題した特集を掲載。“不良債権”化してしまった10選手をピックアップしている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 最初に挙がっているのは、レッドソックスのデビッド・プライス投手。2016年から7年総額2億1700万ドル(約235億5752万円)の大型契約を結んでいる34歳左腕の来季年俸は3200万ドル(約34億7400万円)。今季は22試合登板で7勝5敗、防御率4.28という成績だったが、これでは年俸に見合ってないとの評価だ。

 2012年に3冠王に輝いたタイガースのミゲル・カブレラ内野手も名前が挙がってしまった。かつては誰もが認める現役最強打者だったが、2017年以降は成績が急降下。昨季は負傷で38試合の出場に終わると、今季は136試合に出場したものの、打率.282、12本塁打、59打点、OPS(出塁率+長打率).744と平凡な成績だった。2016年から8年総額2億4800万ドル(約269億円)の契約となっており、2020年は3000万ドル(約32億5600万円)。寸評では「かつは毎年MVP候補に挙がっていたものの、過去3シーズンで著しく衰えた」と斬られている。

 さらに、2017年から4年総額1億1000万ドル(約119億4000万円)の契約を結んでいるメッツのヨエニス・セスペデス外野手は昨季81試合、今季は38試合の出場に終わった。来季年俸は2950万ドル(約32億円)だが、復活はなるだろうか。2016年から5年総額1億1000万ドル(約119億4000万円)のタイガース右腕ジョーダン・ジマーマン投手は、契約最終年の来季年俸2500万ドル(約27億1400万円)となっているが、今季は1勝13敗、防御率6.91と散々な成績だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」