野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA関根、初参戦のメキシコWLで初マルチ 「引き出しを増やして帰りたい」

メキシコのウインターリーグに参加し、「ヤキス・デ・オブレゴン」でプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が25日(日本時間26日)、敵地で行われたベナードス・デ・マサトラン戦に「2番・中堅」でフル出場し、メキシコで初のマルチ安打を記録した。チームは7-6で勝利。連敗を2でストップし、前期リーグ6勝6敗の5位タイとした。

DeNA・関根大気(右)と濱矢廣大【写真:福岡吉央】
DeNA・関根大気(右)と濱矢廣大【写真:福岡吉央】

プロ6年目の24歳、今季はファームで83試合出場、打率.329、12本塁打

 メキシコのウインターリーグに参加し、「ヤキス・デ・オブレゴン」でプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が25日(日本時間26日)、敵地で行われたベナードス・デ・マサトラン戦に「2番・中堅」でフル出場し、メキシコで初のマルチ安打を記録した。チームは7-6で勝利。連敗を2でストップし、前期リーグ6勝6敗の5位タイとした。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 関根は、無死一塁で迎えた初回の第1打席で三塁への内野安打で出塁し、5番打者の満塁弾で生還。その後、一ゴロ、遊ゴロ、遊飛と凡退したが、先頭で迎えた9回の5打席目には内角球をうまくさばき、俊足を生かして右翼線への三塁打。後続が倒れ、本塁こそ踏めなかったが、守っても5回に中越え二塁打を放った相手走者が三塁を狙った際にカットマンまで好返球し、進塁を阻止。守備でもチームの勝利に貢献した。

「またチャンスをもらえたことに感謝しています。2本打てて、チームが勝てたことがよかった。これからも日々成長しながらヒットを積み重ねていきたいです」

 プロ6年目、24歳の関根は今季1軍では32試合、わずか1安打で打率.038にとどまったが、ファームでは83試合に出場。打率はイースタン・リーグ2位の.329、12本塁打、44打点、8盗塁と結果を残しており、自らメキシコでのウインターリーグ挑戦を球団に志願していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」