野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

育成から半年で侍ジャパンへ 鷹・周東を変えた転機と本多コーチからの言葉

11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSC プレミア12」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は27日、1次合宿地の宮崎から2次合宿地の沖縄へと移動した。この日から日本シリーズに出場していたソフトバンクと巨人の計12選手も合流し、全28選手が勢揃いした。

ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

今季開幕直前に支配下に昇格し「プレミア12」の侍ジャパンメンバーに

 11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSC プレミア12」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は27日、1次合宿地の宮崎から2次合宿地の沖縄へと移動した。この日から日本シリーズに出場していたソフトバンクと巨人の計12選手も合流し、全28選手が勢揃いした。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 球界を代表する選手が集い、日の丸を背負って戦う侍ジャパン。そのメンバーの中で、異彩を放ち、そして注目を集めることになるのがソフトバンクの周東佑京内野手だろう。

 今季開幕直前まで背番号「121」の育成選手。支配下登録を勝ち取った今季のスタメン出場はわずか22試合で、打撃成績は102打数20安打1本塁打6打点、打率.196。それでも、チームトップの25盗塁をマークした。ほぼ勝負所の代走起用“だけ”で侍ジャパンメンバーにまで一気に駆け上がった。

 7か月ほど前まで育成選手だった周東。背番号「121」から、わずか半年ほどで日の丸を背負うまでに

 周東は今春の宮崎キャンプが自身にとっての転機だったという。「あそこでB組だったら、何もなかったと思います」。育成選手ながら主力の集うA組に抜擢。より一層レベルの高い選手たちに囲まれながら、オープン戦にも出場して経験を積むことができた。

 そして、新たに就任した本多雄一内野守備走塁コーチの存在も大きかった。現役時代の2010年、2011年と2度の盗塁王に輝いた、かつての走塁のスペシャリスト。なおかつ、今季、チームはスローガンに「奪sh!」を掲げ、走塁改革の方針を打ち出した。本多コーチの存在、そしてチームの方針。タイミングというか、運もあった」。周東の存在を後押しする“流れ”があった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」