野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「最も感心させられる存在」!? セCS観戦の米記者、売り子の「エネルギー」に仰天

米国の記者は日本のプロ野球をどのように見るのだろうか? 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のアンドリュー・バガーリー氏が、東京ドームでの巨人VS阪神を観戦し、その様子をレポート。日米の野球の違いについて語っており、売り子の「エネルギー」に感嘆している。

阪神・福留孝介【写真:荒川祐史】
阪神・福留孝介【写真:荒川祐史】

日米ファンの違いを観察、今季限りで引退した巨人阿部の応援歌がお気に入りに

 米国の記者は日本のプロ野球をどのように見るのだろうか? 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のアンドリュー・バガーリー氏が、東京ドームでの巨人VS阪神を観戦し、その様子をレポート。日米の野球の違いについて語っており、売り子の「エネルギー」に感嘆している。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 記事によると、バガーリー氏は10月11日に東京ドームで行われたセ・リーグCS第3戦の巨人VS阪神を観戦。はじめにチケットを購入したが、日本語表記しかなかったため、入場してから席を探すのに苦労したという。しかし、案内係の女性が片言の英語で、親切に席を案内してくれたおかげで、試合開始数分前に席に着くことができたと振り返っている。

 席に着いたバガーリー氏は、ここで日米のファンの違いに気づいたと言及。周りの観客が席に着いてからユニホームに着替える姿を目にし、「東京ドームまでの電車内で、(ドームに試合を観戦しに行く)野球ファンらしき人たちが見受けれらなかった理由を、私たちは理解し始めた。ファンたちは(東京ドームに)到着するまで、応援するチームのユニホームを身に着けないのだ」と指摘している。

 巨人と阪神のファンが混在するエリアに座ったバガーリー氏は、両ファンの違いについても観察。「ヨミウリとハンシンについて様々な違いが理解できた。ビジターのファンの方がより騒がしく、より熱狂的に見えた」。また、阪神はメガホンを叩き、巨人はタオルやスカーフを振る応援スタイルだったことにも触れ、「試合はまだ始まっていなかったものの、現場は既に大騒ぎだった。ハンシンが左翼席、ヨミウリは右翼席側に陣取った応援団はラインナップ紹介の際に流れる各選手用の応援歌を練習していた」と、応援歌を歌わないMLBとの違いにも言及。応援は面白く、今季限りで引退した巨人阿部の応援歌が1番気に入ったと綴った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」