野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 昨季MVP男がトレードならド軍も候補? MLB公式が前田健太を交換要員に挙げる

昨季MVP男がトレードならド軍も候補? MLB公式が前田健太を交換要員に挙げる

昨季ア・リーグのMVPに輝いたレッドソックスのムーキー・ベッツ外野手が、今オフにトレードされる可能性があるとMLB公式サイトが伝えた。同サイトは「ベッツにフィットとする6球団」とのタイトルで、詳細をリポートしている。

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

昨季は打率.346で首位打者、来オフにFAになれる権利を保有

 昨季ア・リーグのMVPに輝いたレッドソックスのムーキー・ベッツ外野手が、今オフにトレードされる可能性があるとMLB公式サイトが伝えた。同サイトは「ベッツにフィットとする6球団」とのタイトルで、詳細をリポートしている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 27歳のベッツは昨季、打率.346で首位打者を獲得したほか、32本塁打、30盗塁をマークしてア・リーグのMVPに輝いた。記事では、「ここ4年間のWAR(セイバーメトリクスによる打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標)がエンゼルスのトラウト(34.9)に次ぐ30.7だった」と指摘。「ベッツはFAまで残り1年であり、2020年に優勝争いをしないチームや、ベッツとトレードするプロスペクトの駒がいない球団、外野よりも他の部分の補強を必要としている球団は動かないだろう」と予測している。

 さらに「ベッツをトレードで獲得して契約延長することもできるが、ベッツは『FA市場で自身を試したい』と発言している」とし、「トレードで獲得したチームが契約延長できないかもしれない」ともしている。

 MLB公式は、これらの背景を考慮した上で、「ベッツのトレードに必要な条件」を挙げた。

1.2020年に優勝争いできる球団。もしくはそれに近くベッツ獲得によって優勝争いできる球団
2.外野の補強が明らかに必要な球団
3.プロスペクトでボストンの要望を満たせる球団
4.ヤンキースとレイズ以外

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」