野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「明豊の今宮君復活!」―142キロ直球にスライダー交えた本格投球動画に反響続々

ソフトバンクの今宮健太内野手が6日、宮崎での秋季キャンプでブルペン投球をする映像を公開した。捕手を務める森唯斗投手に、142キロを計測した直球とスライダーを交えて本格投球。自身のツイッターで動画を投稿すると、ファンからは明豊高時代を懐かしむ声が寄せられている。

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

甲子園で最速154キロをマークした鷹・今宮が貴重なブルペン動画を公開

 ソフトバンクの今宮健太内野手が6日、宮崎での秋季キャンプでブルペン投球をする映像を公開した。捕手を務める森唯斗投手に、142キロを計測した直球とスライダーを交えて本格投球。自身のツイッターで動画を投稿すると、ファンからは明豊高時代を懐かしむ声が寄せられている。

【動画】しなやかな投球フォームから「捕手・森唯斗」に投じた衝撃の3球…10年前には154キロを計測した実績がある今宮のブルペン投球の実際の映像

 今宮は明豊高(大分)時代、投手と野手の二刀流として活躍。2009年夏の甲子園では菊池雄星投手(現マリナーズ)を擁する花巻東との準々決勝で最速154キロをマークした。

 プロ10年目の今季は怪我の影響で106試合出場にとどまったが、自己最多タイの14本塁打を放った。さらに、西武とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでは、CS史上初の1試合3本塁打を放つ活躍でMVPを獲得した。

 今宮はツイッターで「今日はプルペン入ってきました! まぁまぁですかね」(原文ママ)と投稿。ファンからは高校時代を懐かしむ声からオールスターでの登板を期待する声まで、多くのコメントがついている。

「わー明豊の今宮君復活!」

「もう二刀流やっちゃいましょうよ!笑」

「先発ローテ入りを目指すんでしょうか」

「守護神の座狙ってますよね?笑」

「オールスターとかで打者1人でもいいから見てみたい!」

「キレっキレのスライダー、見事です!」

「154キロまってます!」

 来季でプロ11年目を迎えるが、マウンドに上がる準備も万端(?)のようだ。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」