野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍・菊池が美技連発で勝利貢献 WBSCも驚愕「マジシャン」「華麗なプレー」

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦に臨み、8-1で快勝した。打線は鈴木誠也外野手が2戦連発の2ランを含む4打点、投手陣も1失点に抑えたが、“影のヒーロー”は二塁の菊池涼介内野手。日本が誇る名手は、美技を連発して勝利に大きく貢献。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)も公式ツイッターで驚異的なプレーの動画を公開している。

侍ジャパンの広島・菊池涼介【写真:Getty Images】
侍ジャパンの広島・菊池涼介【写真:Getty Images】

チャイニーズ・タイペイ戦で美技連発、WBSCもツイッターで立て続けに動画を紹介

■日本 8-1 チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・7日・台湾)

「プレミア12」で世界一へ…強化試合で見えた侍ジャパンの「課題」と「収穫」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦に臨み、8-1で快勝した。打線は鈴木誠也外野手が2戦連発の2ランを含む4打点、投手陣も1失点に抑えたが、“影のヒーロー”は二塁の菊池涼介内野手。日本が誇る名手は、美技を連発して勝利に大きく貢献。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)も公式ツイッターで驚異的なプレーの動画を公開している。

 まずは5-0で迎えた6回。2死一塁の場面で山岡がワン・ウェイチェンを二塁へのゴロに打ち取ると、菊池は猛然と奪取。グラブでボールを収め、そのまま手首を返して一塁へトス。俊足のワンを華麗な美技でアウトに仕留め、台湾の地元ファンをどよめかせた。

 さらに、5-0のまま迎えた7回1死走者なしでは、甲斐野からフー・ジンロンがセンターへ抜けようかという打球を弾き返したが、ここでも菊池が美技。二塁ベースの横でスライディングで打球を?むと、そのまま流れるように立ち上がりながら一塁へ送球。ワンバウンドで山田のグラブに収まり、アウトに仕留めた。

 WBSCは公式ツイッターでこの2つの美技の動画を紹介。1つ目には日本語で「マジシャンのような美技 菊地選手が華麗な守備で魅せる!」と綴った。さらに、2つ目も日本語で「菊池デー! 守備で投手を助ける華麗なプレー」と紹介。その華麗な守備を絶賛していた。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月11日(月)午後6時45分~ 「スーパーラウンド」
11月13日(水)午後6時45分~ 「スーパーラウンド」
11月17日(日)「決勝」

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」