野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【プレミア12】地元開催でも侍ジャパンを応援? 台湾で日本野球が人気の理由とは

野球日本代表「侍ジャパン」は台湾で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド3試合を戦い3連勝。首位でのスーパーラウンドへの進出を決めた。3戦目のチャイニーズ・タイペイ戦は地元台湾のファンにより、チケットは発売から早々に完売した。当日も球場内通路まで埋め尽くす盛況ぶりだったが、日本球団のユニホームを着た台湾ファンの姿も多くみられた。

テレビの影響も大きいが実際に観戦で日本を訪れるファンの姿も

 そこからNPBのレベルの高さに触れてファンになったといい、坂本や中田翔内野手(日本ハム)も好きだと話す。しかし、代表入りしたチェンのユニホームを着ているので、チャイニーズ・タイペイを応援するのだろうと聞けば「うーん、台湾は好きですが、日本も好き……」と困り顔だった。

「向上心を掻き立てられた」 藤川球児氏がWBC連覇で学んだ勝負に徹する姿勢(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 さらに山田哲人内野手(ヤクルト)のユニホームを着た男性は、台湾野球も日本野球も熱心に応援しているそうで、「山田選手のユニホームは甲子園に試合を見に行った時に買いました。本当は柳田(悠岐選手、ソフトバンク)が1番好きだけど、今回は代表にいないので」。

 NPBではソフトバンクがひいき球団で、「テレビで見たのがきっかけ」だという。テレビ放送の影響はかなり大きいようだ。「野球観戦を目的に日本には度々行っています。日本の野球のレベルは高いけど、チャイニーズ・タイペイにも頑張ってほしい」と、どちらの活躍も楽しみにしていた。

 チャイニーズ・タイペイ戦だけでなく、ベネズエラ戦、プエルトリコ戦が行われた桃園国際野球場でも日本ハムのポスターが貼られていたり、日本を応援する台湾ファンが来場したりといった光景があった。スーパーラウンドでも侍ジャパンの活躍に、国内外から注目が集まりそうだ。

(臼井杏奈 / Anna Usui)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」