野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA関根、異国の地で見せ始めた適応能力 初1番で2安打「やっと日本と同じ感覚で…」

DeNA関根、異国の地で見せ始めた適応能力 初1番で2安打「やっと日本と同じ感覚で…」

メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が8日(日本時間9日)、敵地で行われたチャロス・デ・ハリスコ戦に「1番・中堅」でフル出場し、4打数2安打、2四死球、2得点、1盗塁の活躍をみせた。チームは14-7で勝利し、13勝11敗で前期リーグ4位タイに浮上した。関根の打率は.246まで上昇し、これで16試合(うち途中出場2試合)で12得点と、リードオフマンとしての役割を果たしている。

ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:福岡吉央】
ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:福岡吉央】

初の1番起用で4打数2安打1盗塁の活躍、打率も.246まで上昇

 メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が8日(日本時間9日)、敵地で行われたチャロス・デ・ハリスコ戦に「1番・中堅」でフル出場し、4打数2安打、2四死球、2得点、1盗塁の活躍をみせた。チームは14-7で勝利し、13勝11敗で前期リーグ4位タイに浮上した。関根の打率は.246まで上昇し、これで16試合(うち途中出場2試合)で12得点と、リードオフマンとしての役割を果たしている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「1番だからといって変えた部分はないですが、四球も含めて出塁することを考えていた。ヒットも打ちたかったので、コンタクトできる球を待って、しっかり振ろうと思っていました」

 この1週間は8番での起用が続いていたが、この日は初の1番起用に見事に応えた。1打席目の初回は三塁線へのセーフティーバントを相手捕手に封じられ、捕ゴロに終わったが、2回無死ニ、三塁で迎えた2打席目には死球で出塁。3打席目の4回には1死から右前打を放つと、4打席目の5回にも2死二塁から四球で再び出塁した。5打席目の7回には1死から遊ゴロに倒れたが、先頭で迎えた6打席目の9回には左前打で出塁。5回、9回と2度ホームを踏んだ。

 相手の先発は昨季、同リーグで最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3冠を獲得している好投手だったが、5回途中でKO。セルヒオ・ガステルム監督も「タイキは今日はいい仕事をしてくれた」と賛辞を送った。

 切り込み役として、2連敗していたチームの嫌な流れを断ち切った。前日7日(同8日)のホームでのマヨス・デ・ナバホア戦。関根は1点ビハインドだった8回に右中間への三塁打を放ち、犠飛で同点のホームを踏んだ。だが、チームは9回に決勝点を許し、黒星を喫した。試合の序盤には乱闘が起こり、相手投手がオブレゴンの打者に意図的に死球をぶつけようとしたのではないかと抗議した監督が退場。後味の悪い負け方をしていただけに、首位を走るハリスコを倒しての勝利はチームにとって大きな1勝となった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」