野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【プレミア12】侍ジャパン、逆転勝ちで白星発進! 代走周東で同点、押し出し四球で決勝点

野球日本代表「侍ジャパン」は11日、ZOZOマリンスタジアムで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド初戦オーストラリア戦を戦い、3-2で逆転勝ちした。先発の山口俊投手が2点を先行されたが、4回に4番鈴木が3戦連発となるソロ本塁打。7回には代走の周東の2つの盗塁と源田のセーフティーバンドで追いつき、8回に押し出し四球でついにリードを奪った。

源田のセーフティバントで生還した侍ジャパンのソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】
源田のセーフティバントで生還した侍ジャパンのソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

オープニングラウンドから引き継がれる1勝と合わせて、侍ジャパンは2勝0敗に

■日本 3-2 オーストラリア(プレミア12・11日・ZOZOマリン)

「現役引退まで必要とされる選手でいたい」 秋山翔吾が抱く侍ジャパンへの熱い思い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、ZOZOマリンスタジアムで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド初戦オーストラリア戦を戦い、3-2で逆転勝ちした。先発の山口俊投手が2点を先行されたが、4回に4番鈴木が3戦連発となるソロ本塁打。7回には代走の周東の2つの盗塁と源田のセーフティーバントで追いつき、8回に押し出し四球でついにリードを奪った。

 先発の山口は3回、先頭の元オリックス育成選手のジョージに左中間を破られる二塁打を浴び、2死三塁で1番のケンリーに中前適時打を許して先制された。さらに4回、2死から5番のホワイトフィールドを右前安打で出塁させると、続くニルソンは右翼線への二塁打。ホワイトフィールドが一気に本塁まで生還して適時二塁打となり、2点目を奪われた。

 侍ジャパンは4回、鈴木が侍ジャパンで初となる4番での3試合連続本塁打を放って1点差に迫った。7回には先頭の吉田が中前安打で出塁すると、稲葉篤紀監督は代走に“切り札”周東を起用。周東が二塁盗塁、そして、2死となってから三塁盗塁まで決めると、源田が意表を突くセーフティーバント。これが内野安打となって周東が同点のホームを踏んだ。

 同点で迎えた8回、2死から近藤が左前にポトリと落ちる二塁打で出塁。鈴木は申告敬遠で歩かされると、代打山田も四球。さらに浅村もストレートの四球を選んで、ついに勝ち越し点を奪った。9回は守護神の山崎が締めて逆転勝ち。侍ジャパンはオープニングラウンドから引き継がれる1勝と合わせて、スーパーラウンド2勝0敗となった。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月11日(月)午後6時45分~ 「日本×オーストラリア」
11月13日(水)午後6時45分~ 「日本×メキシコ」
11月17日(日)「決勝」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」