野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA関根が2安打1打点2盗塁 かつての同僚からの適時打に「しっかり面で打てている」

メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が10日(日本時間11日)、敵地で行われたチャロス・デ・ハリスコ戦に「1番・中堅」でフル出場し、4打数2安打、1打点、2得点、2盗塁の活躍で、昨季のリーグ王者相手にチームを3連勝へと導いた。5-1で迎えた9回には2016年にDeNAでプレーしたかつてのチームメート、元メジャーのマイク・ブロードウェイ投手から右前適時打。勝利を決定づけた。

ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:球団提供】
ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:球団提供】

4試合連続&3試合連続マルチ安打で打率は.273に上昇、チームも3連勝

 メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が10日(日本時間11日)、敵地で行われたチャロス・デ・ハリスコ戦に「1番・中堅」でフル出場し、4打数2安打、1打点、2得点、2盗塁の活躍で、昨季のリーグ王者相手にチームを3連勝へと導いた。5-1で迎えた9回には2016年にDeNAでプレーしたかつてのチームメート、元メジャーのマイク・ブロードウェイ投手から右前適時打。勝利を決定づけた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「(ブロードウェイがどんな投球をするのかは)あまりイメージはなかったんですが、DeNAにいた選手だというのは分かっていた。いつも通りしっかりコンタクトしていこうと思った。つまりながらもしっかり二塁の後ろに落ちてくれた。こういうヒットがこっちに来て多いのは、しっかり(バットの)面で打てているからだと思うのでよかったです」

 初回には遊撃への内野安打で出塁し、二盗を決めると、その後、2死一、三塁から一塁走者が二塁にディレードスチールを試みたのを見て、三塁から本盗に成功。先制のホームを踏んだ。3打席目の5回には2死から四球で出塁。2番打者の安打で三塁に進み、その後、相手失策の間に生還した。そして9回の適時打。これで4試合連続安打、3試合連続のマルチ安打と、打撃の調子も上昇中だ。

 チームは7-1で勝利。15勝11敗で首位と2ゲーム差の前期リーグ3位タイに浮上した。関根の打率は.273まで上昇。出塁率は.355となった。これで18試合で14得点と、17年に同じオブレゴンでDeNAの乙坂智外野手がマークした15得点(27試合)も目前だ。

「誰かに助けてもらわないと、1人では得点できない。まずは塁に出ること。その上で、塁上でやることをしっかり的確にやって、本塁にかえることができればと思っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」