野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【プレミア12】無得点も4回の攻撃に侍Jの底力 元オリ監督森脇氏「打順の巡りは常にプロセスがある」

野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド・韓国戦を10-8で勝利し、17日の決勝戦に向けて弾みをつけた。宿敵・韓国との一戦をソフトバンク、巨人、中日でコーチ、そしてオリックスでは監督を務めた森脇浩司氏は、3回のそつのない攻撃で1点ずつ積み上げ6点をもぎ取った攻撃、5回無死満塁から開き直って無失点で切り抜けたバッテリー含めたディフェンスは勿論だが、0点に終わった日本の4回の攻撃を勝負のポイントに挙げた。

侍ジャパンは韓国代表相手に10-8で勝利し17日の決勝に臨む【写真:荒川祐史】
侍ジャパンは韓国代表相手に10-8で勝利し17日の決勝に臨む【写真:荒川祐史】

元オリックス監督の森脇氏が韓国戦の勝負のポイントを解説

■日本 10-8 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

「現役引退まで必要とされる選手でいたい」 秋山翔吾が抱く侍ジャパンへの熱い思い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド・韓国戦を10-8で勝利し、17日の決勝戦に向けて弾みをつけた。宿敵・韓国との一戦をソフトバンク、巨人、中日でコーチ、そしてオリックスでは監督を務めた森脇浩司氏は、3回のそつのない攻撃で1点ずつ積み上げ6点をもぎ取った攻撃、5回無死満塁から開き直って無失点で切り抜けたバッテリー含めたディフェンスは勿論だが、0点に終わった日本の4回の攻撃を勝負のポイントに挙げた。

 やはり日韓戦はどのような形になっても接戦、タフなゲームになる。3回に6点を奪うビッグイニングを作りワンサイドゲームかと思った直後の4回に韓国打線が5点を奪う展開。これが国際大会であり好敵手ともいえる韓国戦だ。

 まずは今大会打線が一番繋がったともいえる6点を奪った3回の攻撃から。先頭の坂本が二塁打、そして続く丸のバントが見事に決まった。韓国側からすれば最低でも1アウトは欲しい場面だったが安打となり無死一、三塁とピンチを広げた。

 インフィールドの中で投手が絡んだプレーでアウトを取れない場合は一番失点する確率が高いと見ている。投手自身も目に見えない“ダメージ”があり、続く打者は日本の主砲で好調の鈴木。この好機を逃さず詰まりながらも中前に落とす適時打など打者一巡の猛攻は見事だった。

 全ての打者が自分の役割を果たしタイムリーも飛び出したが、6点目を奪う直前の一死一、三塁、打者山田の場面で1-1から外崎がスチールを決めたことでゲッツー態勢から前進守備に変わり相手を更に追い詰めた所も見逃せない。その中でも、浅村のタイムリーは続く攻撃陣の力みを取り除き勢いをつけるものだったし、2点リードの無死満塁で代わった投手から松田がもぎ取った押し出し四球は韓国ベンチに大きな落胆を与えた。

 相手投手は変わったばかりの右腕イ・ヨンチャンだったが追い込まれるといつものようにバットを短く持ち、粘りながら大きな4点目を奪った。意識だけでなく形もはっきりと変えて最善を尽くすスタイルは、控えに回った時などに大きな声で仲間を励ましたり、常に元気でプレーするだけではない。沢山の気付き、学びを頂いた選手の一人だった。伸び伸びプレーすることは必要だが、その中で状況を把握しながら伸び伸びプレーすることが大事だ。本当に効果的な1点だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」