野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】日韓戦力比較・野手編 鈴木が軸の侍J、総合力の韓国

「第2回 WBSC プレミア12」もいよいよ最終日。侍ジャパンは16日のスーパラウンドに続いて、韓国と決勝戦を行う。両軍野手陣の戦力を比較しよう。

21歳のイ・ジョンフが4割超え、どこからでも得点できる韓国打線

○韓国

「何歳になっても選ばれたい」 今永昇太が感じる「侍ジャパン」での成長(侍ジャパン応援特設サイトへ)

外 イ・ジョンフ 23打10安0本4点0盗3四 率.435

内 キム・ハソン 23打7安0本4点2盗5四 率.304

外 キム・ヒョンス 19打6安0本5点0盗5四 率.316

内 ホ・ギョンミン 16打5安0本1点1盗0四 率.313

内 パク・ビョンホ 24打5安0本2点0盗4四 率.208

外 ミン・ビョンホン 21打5安0本2点1盗0四 率.238

外 キム・ジェファン 21打4安1本6点0盗3四 率.190

内 パク・ミンウ 20打3安0本2点3盗5四 率.150

内 チェ・ジョン 8打2安0本0点0盗1四 率.250

内 ファン・ジェギュン 9打2安1本1点0盗0四 率.222

内 キム・サンス 8打2安0本2点0盗1四 率.250

捕 ヤン・ウィジ 19打2安0本1点0盗3四 率.105

外 カン・ベクホ 6打2安0本3点0盗1四 率.333

捕 パク・セヒョク 3打1安0本1点0盗0四 率.333

外 パク・ゴンウ 5打1安0本0点0盗1四 率.200

「韓国のイチロー」イ・ジョンボムの息子で、スピードスタートして売り出したイ・ジョンフが4割越えの高打率。鈴木のような絶対的な中軸はいないが、どこからでも得点できるレベルの高さが特色だ。打線のレベルはほぼ互角と言えよう。

(広尾晃 / Koh Hiroo)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」