野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキースGM、現状ローテに「満足」も補強示唆 「向上させるのが我々の仕事」

ヤンキースGM、現状ローテに「満足」も補強示唆 「向上させるのが我々の仕事」

今季103勝59敗の成績でア・リーグ東地区を制覇したものの、リーグ優勝決定シリーズでアストロズに敗れたヤンキース。ブライアン・キャッシュマンGMは今オフにはローテーションの強化を目指しているようだ。地方紙「ニュースデイ」が伝えている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

まだ動きなしも、キャッシュマンGM「まだ、この過程は始まったばかり」

 今季103勝59敗の成績でア・リーグ東地区を制覇したものの、リーグ優勝決定シリーズでアストロズに敗れたヤンキース。ブライアン・キャッシュマンGMは今オフにはローテーションの強化を目指しているようだ。地方紙「ニュースデイ」が伝えている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 記事によると、キャッシュマンGMは契約に関することについて話すときによく「タンゴは1人では踊れない」というフレーズを使うという。そして3日間のGMミーティングでは、タンゴを踊る相手を誰も見つけることが出来なかったようだとしている。

 このようにまだ動きはないヤンキースだが、最近のオフシーズンの契約はすごくゆっくりした過程になっているので、驚くべきことではないと言及。キャッシュマンGMは記事内で「まだ、この過程は始まったばかり」とし、「(トレードやFAのマーケットで)今何かをやれば正規料金の10倍くらい払わないといけないからね」と語っている。

 GMミーティングでは「103勝したチームをもっと良くすることは難しい」と発言し、ファンを驚かせたとされるキャッシュマンGM。その中でも、最も重要な課題はローテーションの強化だとし、FAの目玉のコールやストラスバーグの代理人スコット・ボラス氏とも「もちろん」話をする予定だと語ったとしている。

 しかし、記事ではオーナーのハル・スタインブレナー氏がぜいたく税の上限を超えるのに否定的であるため、実際は大金を払ってまで目玉の高額選手は獲らないのではないかと予想。その代わりとして、そこまで高額ではないマディソン・バムガーナー、ザック・ウィーラー、コール・ハメルズ、フリオ・テヘラン、ダラス・カイケルらの名前を挙げている。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」