野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB公式が驚愕の変化球を紹介 極上のカーブ、スライダーに「違法となるべき」

MLB公式が驚愕の変化球を紹介 極上のカーブ、スライダーに「違法となるべき」

メジャーリーグといえば、100マイル(約160キロ)超えの剛速球のイメージだが、キレキレの変化球を操る投手も数多くいる。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」のスペイン語版「Corte4」は、驚愕の変化球を紹介している。

ヤンキースのアダム・オッタビーノ【写真:Getty Images】
ヤンキースのアダム・オッタビーノ【写真:Getty Images】

美しい弧を描くカーブに、オッタビーノの代名詞“ブーメラン”スライダー

 メジャーリーグといえば、100マイル(約160キロ)超えの剛速球のイメージだが、キレキレの変化球を操る投手も数多くいる。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」のスペイン語版「Corte4」は、驚愕の変化球を紹介している。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「Corte4」は公式ツイッターに「これらの投球は違法となるべき」と、4人の変化球動画を投稿。最初に登場するのはツインズのベリオスのカーブだ。右打者に向かって放たれたボールは多きな弧を描きながら、アウトローへ。世界一ナショナルズの1番ターナーが大きく崩されて空振りしている。2人目はレッドソックスのイオバルディのカーブ。100マイル超えの直球を武器とする右腕の大きく落ちるカーブに、ブルージェイズの怪物ゲレーロJr.も豪快に空振りした。

 3人目はヤンキースのオッタビーノの代名詞“ブーメラン”スライダー。ストライクゾーンを横断するピンポン玉のような変化で空振りを奪っている。最後はカージナルスのウェインライトのカーブ。今季38歳ながら14勝と復活した右腕が美しい軌道のカーブを披露している。

 動画では4人の極上の変化球をスローと逆再生でも紹介。オフシーズンに突入したが、来季の開幕が楽しみになる映像となっている。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」