野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 30球団の総本塁打が671本増… 今季のボールに各球団GM「明らかに以前と違った」

30球団の総本塁打が671本増… 今季のボールに各球団GM「明らかに以前と違った」

メジャーリーグでは今季、史上最多となる6776本のホームランが飛び出した。今季から「飛ぶボール」に変わったのではないかとの声はメディアだけでなく、選手からも多くあがったが、各球団のGMからも同様の意見が出ているという。

今季は史上最多となる6776本のホームランが飛び出した【写真:Getty Images】
今季は史上最多となる6776本のホームランが飛び出した【写真:Getty Images】

各球団のGMが証言、飛ぶボールに振り回された!? 「選手の評価に影響」も

 メジャーリーグでは今季、史上最多となる6776本のホームランが飛び出した。今季から「飛ぶボール」に変わったのではないかとの声はメディアだけでなく、選手からも多くあがったが、各球団のGMからも同様の意見が出ているという。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 米ヤフースポーツは「MLBは安定したボールを生産できると確信しておらず、GMたちは適応することになる」とのタイトルで特集を掲載。先週まで行われていたGMミーティングでも、飛ぶボールが話題となったことを紹介している。

 記事の中では、3人のGMの声を紹介。フィリーズのマット・クレンタックGMは「明らかに今季のボールは以前とは違った」と振り返ったという。これまでのシーズン総本塁打のメジャー記録は6105本(2017年)で、今季は実に671本も更新したことになる。数字上では、ボールが変わったとの意見は“正当”に見える。

 そんな中で、アスレチックスのデビッド・フォーストGMは「明らかに我々の最大の懸念は、今後ボールがどのようになるか、選手を評価する際にそれがどう影響するかだ。求めているものは安定性だよ。それを軸にチームを作るんだ」と指摘。エンゼルスのビリー・エプラーGMも「フィールドで起こっていることのどの程度がボールによるものなのか予測することは難しい」と“困惑”の声をあげたという。選手の能力なのか、ボールの影響なのか。選手を評価する立場の強化責任者としても、そのジャッジが難しくなっているというのだ。

 フィリーズのクレンタックGMは「全30球団に影響があったため、不公平に有利になったりしたわけではない」と“公平性”は保たれているとの見方を示しながら、「しかし、より早く適応できたチームがいくらか恩恵を受けたと思う」とも指摘。ボールの“変化”に各球団が振り回されたことも分かる。

 なお、ポストシーズン中には逆にボールが飛ばなくなったとの声が多くなり、カージナルスの分析部門がはじき出した数字では、レギュラーシーズン中と比較して実際に4.5フィート(約1.37メートル)も飛距離が落ちたとのデータが出ていた。来季またホームラン数に大きな増減があれば、各球団は対応に迫られることになりそうだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」