野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天田中、新妻に誓う来季のレギュラー奪取「結果で恩返しできるように」

楽天の田中和基外野手が22日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、800万円減の年俸3200万円でサインした(金額は推定)。昨年は新人王に輝いたが、今季は相次ぐ怪我で59試合の出場にとどまり、「来年以降、しっかりやり返さないといけない」と気合を入れた。

契約更改に臨んだ楽天・田中和基【写真:高橋昌江】
契約更改に臨んだ楽天・田中和基【写真:高橋昌江】

800万円ダウンに「来年以降、しっかりやり返さないといけない」

 楽天の田中和基外野手が22日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、800万円減の年俸3200万円でサインした(金額は推定)。昨年は新人王に輝いたが、今季は相次ぐ怪我で59試合の出場にとどまり、「来年以降、しっかりやり返さないといけない」と気合を入れた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨季はシーズン途中からレギュラーに定着すると、105試合に出場。打率.265、18本塁打、45打点で新人王を獲得し、今季はさらなる活躍が期待された。ところが、台湾で行われた3月の練習試合で右足首を負傷。5月には左手首を骨折し、8月にも同じ箇所を痛めた。「離脱が3度あり、万全な状態で野球ができなかった。そこは本当に悔しい」と唇を噛みながらも、「期待を裏切ってしまったので来年以降、しっかりやり返さないといけないなと思います」と力を込めた。

 現在、左手首の状態は回復。打撃練習も通常通りできており、「キャンプでしっかりアピールする準備はしている。早くアピールしていきたいなという気持ちでいっぱいです」と気持ちを高ぶらせている。辰己、オコエ、小郷らの名前を挙げながら、「負けていられない。今までの3年間を1回ゼロにし、すべてを奪いにいきたい」とレギュラー奪取に一直線だ。

 目標は「駆け抜ける!!」と色紙に記した。「今年は1年間、戦えなかった悔しさがある。来季はグラウンドを全力で駆け回る姿をファンの皆さんに見てほしい。1年間、戦い抜くということで“駆け抜ける!!”という言葉にしました」。その姿はファンのみならず、怪我で苦しむ中、支えてくれた人にも見せるつもりだ。

 この日、高校時代の同級生だった一般女性と今春に婚姻届を提出していたと発表した。「来年はチーム、ファンの皆さん、そして支えてくれる妻にしっかり結果で恩返しできるように頑張りたいです」と巻き返しを誓った。

(高橋昌江 / Masae Takahashi)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」