野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 巨人移籍のパーラに地元記者が熱い惜別メッセージ「東京でも愛されるよ」

巨人移籍のパーラに地元記者が熱い惜別メッセージ「東京でも愛されるよ」

巨人が新外国人選手として獲得を発表したナショナルズのヘラルド・パーラ外野手は、本拠地ワシントンDCの人気者だった。地元紙「ワシントン・ポスト」のトーマス・ボズウェル記者はパーラに宛てた惜別メッセージを同紙のウェブサイトに掲載。記事からは、その愛されっぷりと、パーラという選手の特長が伝わってくる。

巨人への入団が発表されたヘラルド・パーラ【写真:Getty Images】
巨人への入団が発表されたヘラルド・パーラ【写真:Getty Images】

地元紙で惜別メッセージを掲載、その愛されっぷりとは…

 巨人が新外国人選手として獲得を発表したナショナルズのヘラルド・パーラ外野手は、本拠地ワシントンDCの人気者だった。地元紙「ワシントン・ポスト」のトーマス・ボズウェル記者はパーラに宛てた惜別メッセージを同紙のウェブサイトに掲載。記事からは、その愛されっぷりと、パーラという選手の特長が伝わってくる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ボズウェル記者は「ナショナルズがワールドシリーズ制覇を果たしてから3週間の間、私の心に最も残っていたナショナルズの選手は数字上は最も重要でない選手、ヘラルド・パーラだった」との書き出しで記事をスタート。パーラは今季途中にジャイアンツからフリーエージェント(FA)となり、ナショナルズに移籍したが、89試合に出場して打率.250、8本塁打、42打点にとどまった。しかし登場曲に採用した童謡「ベイビーシャーク」と、それに合わせて手を叩く“サメダンス”で一躍人気者となった。

「パーラのナショナルズへの影響は、私の野球記者人生の中で最も鮮明な記憶の1つとなるだろう。ダグアウトでのダンスから『ベイビーシャーク』の登場曲に渡るまで、パーラは怪我人が多くスランプに陥っていたチームを、お互いを支え合う生き生きとしたチームへと変わるきっかけとなった」

 決して目立った成績ではなかったが、今季の優勝にパーラが必要なピースとなっていたことは間違いなさそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」