野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元阪神、オリックス岩本輝が現役引退を発表 「全ての人に感謝してます」

オリックスから戦力外通告を受け、12球団トライアウトに参加していた岩本輝投手が23日、自身のインスタグラムを更新し現役引退を発表した。

オリックスから戦力外通告を受けていた岩本輝【写真:荒川祐史】
オリックスから戦力外通告を受けていた岩本輝【写真:荒川祐史】

12日の12球団トライアウトでは打者3人と対戦し無安打1四球

 オリックスから戦力外通告を受け、12球団トライアウトに参加していた岩本輝投手が23日、自身のインスタグラムを更新し現役引退を発表した。

【動画】最後の“ダイエー捕手”の現役最終打席 万感の思いが詰まった、山崎勝己涙のラストシーン

 岩本は自身のインスタで「ご報告と感謝 今回の戦力外通告を受けて野球を引退することに決めました」と現役引退を表明。阪神、オリックス、BC福井に感謝の言葉を綴り「そこで出会った先輩、後輩、同級生、最高な人たちばかりでした。ありがとうござました。全ての人に感謝してます」と伝えている。

 「大好きな野球がここまでできて本当に良かった。これからは何も決まってませんので決まり次第報告させていただきます」と第2の人生をスタートさせる。

 岩本は2016年に阪神から戦力外通告を受け17年から18年途中までBCリーグ福井でプレー。16年、17年に続き自身3度目となった12日に行われた12球団トライアウトでは打者3人と対戦し無安打1四球の結果を残していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」