野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • バーランダーとコール 甲乙つけがたかったサイ・ヤング賞争い、2投手の違いは…

バーランダーとコール 甲乙つけがたかったサイ・ヤング賞争い、2投手の違いは…

今年のアメリカン・リーグのサイ・ヤング賞投票は、同一チームの投手同士の稀に見る接戦の末に、アストロズのジャスティン・バーランダーが2011年以来2度目の受賞となった。

アストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】
アストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】

バーランダーが2度目の受賞も…同僚コールも圧倒的な成績をマーク

 今年のアメリカン・リーグのサイ・ヤング賞投票は、同一チームの投手同士の稀に見る接戦の末に、アストロズのジャスティン・バーランダーが2011年以来2度目の受賞となった。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

投票結果は

1 バーランダー(アストロズ) 171ポイント
2 コール(アストロズ) 159ポイント
3 モートン(レイズ) 75ポイント
4 ビーバー(インディアンス) 64ポイント
5 リン(レンジャース) 18ポイント

 バーランダーとチームメートのコールのポイント差は12。サイヤング賞は1人の記者が5票を持ち、1位(7点)、2位(4点)、3位(3点)、4位(2点)、5位(1点)と投票していく。バーランダーは1位票を17%、コールは13%獲得した。

 同一チームの投手がサイ・ヤング賞投票で1、2位で競り合ったのは、2002年、ダイヤモンドバックスのランディ・ジョンソンとカート・シリング以来。このときはジョンソンが160ポイント、シリングは90ポイントで、ジョンソンが受賞している。この2人は前年の2001年も1、2位で競り合い、この年もジョンソン156ポイント、シリング98ポイントでジョンソンが受賞している。

 バーランダーとコールの今季成績は拮抗していた。()はリーグ順位

◯ジャスティン・バーランダー 36歳
右投げ 195センチ 102キロ

34試合(1) 21勝(1)6敗 防御率2.58(2)
223回(1) 300奪三振(2) 42与四球

◯ゲリット・コール 29歳
右投げ 198センチ 102キロ

33試合(5) 20勝(2)5敗 防御率2.50(1)
212回1/3(3) 326奪三振(1) 48与四球

 まさに甲乙つけがたい成績。最多勝のバーランダーに対し、コールは防御率1位で奪三振王。イニング数ではバーランダーが1位、コールが3位だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」