野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハムにニュースター誕生!? 玉井&今井がファンフェスで“大活躍”

日本ハムが24日に札幌ドームで開催した「ファンフェステイバル2019」で“ニュースター”が誕生した。玉井大翔投手、今井順之助内野手だ。

ファンフェステイバルに参加した日本ハム・玉井大翔(左)、今井順之助【写真:石川加奈子】
ファンフェステイバルに参加した日本ハム・玉井大翔(左)、今井順之助【写真:石川加奈子】

玉井はファンフェスMVP、今井は物真似で爆笑を誘う

 日本ハムが24日に札幌ドームで開催した「ファンフェステイバル2019」で“ニュースター”が誕生した。玉井大翔投手、今井順之助内野手だ。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オープニングでいきなり魅せたのは、3年目の今井順之助内野手。清水優心捕手に促されるとアイマスクを使った一発芸で爆笑を誘った。その後もタレントの石橋貴明さんの物真似を披露。フィナーレのMVP表彰にプレゼンターで登場した田中賢介氏は一番目立っていた選手に今井の名前を挙げ「あの物真似はなかなか。新しい人材を発掘した感じがある」とムードメーカーとしての存在感に目を見張った。

 その今井を抑えて堂々のMVPを獲得したのは玉井大翔投手だった。巨大神経衰弱では大量リードしながらも最後に「没収カード」を引いて、大逆転を食らった。年下の上沢直之投手からいじられると「俺じゃない」とボケてみせ、絶妙な掛け合いを演じた。

 今季はチーム最多の65試合に登板して防御率2.59と大躍進した。試合中は淡々とピンチを切り抜ける右腕が見せたお茶目な一面。チーム対抗戦では最下位だったにも関わらずMVPに選ばれ「チームに足を引っ張られた形でしたが、個人的には活躍できて充実した一日でした」とあいさつして笑わせ、最後まで主役を張った。

 芸達者でファンフェティバルの盛り上げ役だった新垣勇人氏が昨季限りで退団したが、杉谷拳士内野手に続く新たなムードメーカーがすい星の如く現れた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」