野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ア軍“サイン盗み疑惑”に新たな「証拠」 米メディア「罰を受けるのは時間の問題」

ア軍“サイン盗み疑惑”に新たな「証拠」 米メディア「罰を受けるのは時間の問題」

アストロズが2017年に行ったとされる“サイン盗み疑惑”について、米スポーツ専門メディア「12UP」が詳報。「スタッツ(成績、統計数値)は、アストロズが2017年のいつサインを盗み始めたかを正確に示している」とのタイトルで、野球分析家の意見を伝えている。

サイン盗み疑惑が報じられているアストロズ【写真:Getty Images】
サイン盗み疑惑が報じられているアストロズ【写真:Getty Images】

野球分析家が指摘「5月後半から空振り率が急激に減少」

 アストロズが2017年に行ったとされる“サイン盗み疑惑”について、米スポーツ専門メディア「12UP」が詳報。「スタッツ(成績、統計数値)は、アストロズが2017年のいつサインを盗み始めたかを正確に示している」とのタイトルで、野球分析家の意見を伝えている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 記事は「アストロズのサイン盗みの証拠が次々に明らかになってきている。そして、今回、驚くべき新事実が浮上して、彼らの疑惑はますます深いものとなった」と指摘。有識者の意見として「どんな球種が来るのか、打者があらかじめ分かっていれば、打者のプレート・ディシプリン(打者の選球眼などについてのデータ)の分野で最も大きな助けなる。また、特にストライクゾーンから大きく外れた空振りの確率が減るとされる」と紹介し、「アストロズに関するあるデータを見てみると、サイン盗みは2017年5月後半から始まり、その成果がすぐに出たことを示している」と伝えている。

 記事は次にデータ分析の専門家ロブ・アーサー氏のツイッターを紹介。アーサー氏は「アストロズのサイン盗みは5月後半から始まったようだ。そして、アストロズのオフェンスはそれと同じ時期に好調になった」と指摘。そして「2017年5月後半、アストロズの空振り率が、驚くほど低下した。そして、それは、ビデオで、初めてダグアウトからの『あの音』が確認された時とピッタリと一致するのだ。アストロズの空振り率は、2017年シーズン最初の月は約28%だったが、5月半ばに約21%に落ち、残りのシーズンその数字をキープした」と分析している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」